vol.81

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

簡単・手軽さをアピールでもっと拡がる? デコレーションに関する意識を調査

設問

調査概要

  • 調査期間:2009年7月
  • 調査方法:シティリビング公式サイト 「Citywave」上にアンケートページを掲出
  • 集計数:368人 (不明・非該当を除いて集計)
  • 平均年齢:33.6歳
  • 未既婚:未婚63.9% 既婚36.1%
  • 働き方:正社員(総合職)24.2% 正社員(一般職)49.2% 契約・嘱託社員 5.2%  派遣社員 17.7% パート・アルバイト 3.8%

1デコレーションしているものがありますか?

グラフ

現在、デコレーションしているものが「ある」と答えているのは16.8%と2割弱。

up

2何をデコレーションしていますか?

グラフ

現在、デコレーションしているものがあると答えた人に、何をデコレーションしているかを尋ねたところ、「携帯電話」が54.8%でトップ。次いで「ミラー」32.3%という結果に。

up

3お気に入りのデコレーションを教えてください。

ペン(24歳未婚)

ミラー(35歳未婚)

カードケース・音楽端末
(24歳未婚)

ゲーム機(28歳未婚)

携帯(42歳既婚)

up

4デコレーションの方法と金額

グラフ

デコレーションの方法は「自分でパーツを購入して制作」が86.7%とダントツで多く、その他では「ネイリストに頼んで作ってもらった」「知人がデコレーションしたものを購入」などがありました。

<デコレーションにかかった金額>(n=57)

平均
1943.8円
最大値
15,000円
最小値
0円

デコレーションにかかった金額は平均1943.8円。市販のデコレーション用シール等は、500円〜キットでも1300円前後で売られており、自分でパーツを購入していることからも納得の金額です。 専門店へオーダーをすると価格はお店によりますが、10000円前後〜が相場のようです。

up

5デコレーションしようと思った理由は?

グラフ

デコレーションをしようと思った理由、1位は「かわいくなると思ったから」82.0%。その他の理由では、「デザインに飽きたから」「傷を隠すため」などが挙がりました。

デコレーションをしようと思った理由

  • 友達がやっていてよかったのと、本体に傷がついてしまったのでそれを隠すため
    (29歳・未婚/専門店にオーダー/デコしたもの:携帯電話)
  • 自分オリジナルのものになるし、少し飾ったほうが綺麗で愛着がわくから。(40歳・既婚/イベントでストーンを貰って制作/デコしたもの:携帯電話)
  • ミラーのカバーにひびが入って隠すために(35歳・既婚/自分で制作/デコしたもの:ミラー)
  • 携帯にデコレーションしたら、他の物にもデコレーションしたくなったから。
    (32歳・未婚/自分で制作/デコしたもの:ミラー)
  • G-SHOCKの場合は、友人がデコレーションしていて、かわいかったから。そのネイリストさんのセンスの良さを知っているので安心してお任せしました。デコレーションするのは、他の人と同じなのは嫌だから。(35歳・未婚/友人、知人に依頼/デコしたもの:腕時計)
  • 安売りしていた服なので、近所の人とカブルのがいやだったから
    (32歳・未婚/自分で制作/デコしたもの:ユニクロのワンピース)
  • シンプルなサンダルを購入し、様々な飾りをつくり付け替えたら、いろいろなファッションに使えると思ったから。(33歳・既婚/自分で制作/デコしたもの:サンダル)
up

6デコレーションに対して抱くイメージは?

グラフ

全員に聞いた「デコレーションに対するイメージ」は、「手間がかかっている」が54.4%で1位。次いで「かわいい」50.0%。デコレーションをしていない人でも、デコモノに対して「かわいい」と感じている人がいることが分かります。 デコレーションに批判的な意見としては「実用的ではない」「扱いが大変そう」「賢そうではない」などの意見がありました。

up
<まとめ>
  • デコレーションしているものがあるかどうかに対し、「はい」と答えた人は16.8%、「いいえ」と答えた人は、83.2%でした。
  • デコレーションしているものがある人に対し、何をデコレーションしているか尋ねたところ、1位は「携帯(電話)」54.8%、2位「ミラー」32.3%、3位「ゲーム機」14.5%となりました。
  • デコレーションの方法と値段について尋ねると、「自分でパーツを購入して制作」が86.7%と最も高く、値段の平均は1943.8円と、手ごろな価格に納まっています。
  • デコレーションしようと思った理由は、「かわいくなると思ったから」が1位で82.0%。フリーアンサーで理由を尋ねると、「オリジナルのものにすることで、愛着が湧く」「本体についてしまった傷を隠したくて」などという理由も目立ちます。
  • デコレーションしているものがない人にも尋ねた、デコレーションに対するイメージは、「手間がかかっている」54.4%、「かわいい」50.0%、「派手である」31.6%と、半数の人が「かわいい」という印象を抱いていることが分かります。
  • 最近では貼るだけのラインストーンシールが数百円から売られており、デコレーションは身近な存在になっています。デコレーションしていない人が抱く「手間がかかっている」というイメージは、デコレーションの手軽さが浸透していないからでしょう。
  • 芸能人のブログなどでよく見かけるキラキラにデコレーションされたデジカメや携帯電話。見た目に華やかなだけでなく“自分だけのもの” にすることで物に愛着が湧くということもあるようです。
  • デコレーションをする人もしない人も、デコレーションされたものに対して「かわいい」という印象を抱く人が多くいます。近年では各化粧品メーカーが出しているファンデーションケースにも変化が。初めからラインストーンが付いているなど、キラキラとかわいいものがF1向けのラインに目立ちます。
    女性ならいくつになっても“かわいい”“キレイ”に魅力を感じるもの。まだ、自分でデコレーションをしている人は少ない世代や、なかなか踏み出せない人に対しても、見た目にかわいい商品作りで魅力をアピールしてみてはいかがでしょう。