vol.99

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

婚活はネット?相談所?女子会飽きた?住宅はローンがあっても持ち家?次回購入はスマフォ?
2011年OLの選択(後篇)発表!

設問

調査概要

  • 調査期間:2010年12月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:810人(不明・非該当のぞく)
  • 平均年齢:34.6歳
  • 勤務形態:正社員(総合職)…21.0% 正社員(一般職)・・・44.3% 派遣・・・13.% 契約嘱託・・・6.3%

11将来の住宅は持ち家派ですか、賃貸派ですか

(n=665)

グラフ

持ち家派

  • 安心感があるし、ローンは早いうちに払い終えるよう努力するから(33歳既婚)
  • 引っ越しや更新料がもったいないし、持ち家の方が資産になるから。(34歳既婚)
  • 家賃を払っているのはお金を捨ててるようなもの(28歳未婚)

賃貸派

  • ローンが払えなくなると惨めだから(34歳未婚)
  • 事情に合わせて気軽に住み替えられるから(29歳未婚)
  • この時代、ローンはこわい。自分の固定収入になんの補償もないのだから(26歳未婚)
up

12デートでの外食は夜景のキレイな店と隠れ家系、どちらがいいですか

(n=756)

グラフ

夜景派

  • 緊張しているかもしれないので、夜景のキレイなお店なら気分が堅苦しくならない  気がする。(32歳既婚)
  • 夜景がきれいだと、その事で話も弾むので(25歳未婚)
  • 隠れ家店舗で個性を見せるより、とりあえずはキラキラしたもので女性を喜ばせる  という努力の方がまっすぐで好感が持てると思うから(30歳未婚)

隠れ家系派

  • ガヤガヤしているのが苦手。静かな方がいろいろ話がしやすい(30歳未婚)
  • くっついて、いちゃいちゃしたい(29歳未婚)
  • 隠れ家を教えてくれるのもうれしいし、お店の雰囲気でその人の好みが分かる(34歳未婚)
up

13収入保障のがん保険に興味がありますか

(n=752)

グラフ

収入保障のがん保険に興味がある理由

  • 家系的にがん家系なので、万一に備えて加入している(28歳未婚)
  • 収入が途絶えたら生活に苦しい。将来、病気・怪我等、なにが起こるかわからないため、収入を保障してくれる保険には興味がある。(36歳既婚)
  • CMで見て興味は持っている(33歳既婚)

収入保障のがん保険に興味はない理由

  • とりあえず普通の保険で十分だと思っている(33歳未婚)
  • 興味が無いと言うわけではないが、まだ良いかと思って入っていない(33歳未婚)
  • がん保険どころか生命保険に入る金銭的余裕すらない(30歳未婚)
up

14宅配便はクロネコヤマトと佐川急便、どちらを使いますか

(n=758)

グラフ

クロネコヤマト派

  • 荷物を大事に扱ってくれる。期日を守ってくれる(33歳既婚)
  • 時間指定がより細かくできるし、メール便が便利なので(31歳未婚)

佐川急便派

  • 会社でも佐川なので、使いやすい。インターネットで頼む商品もほとんど佐川(32歳既婚)
  • 安いし時間に正確(31歳既婚)
up

15携帯電話、次に買い換えるならスマートフォンですか(非スマートフォンユーザーのみ回答)

(n=737)

グラフ

携帯を買い換えるなら次はスマートフォンの理由

  • ツイッターをしていてリンク先のURLに飛ぶときに便利そう(33歳未婚)
  • 今の携帯で満足しているが、次に買い替える時は時代的にもスマートフォンかなと(32歳未婚)
  • なんとなくみんなもっているので一度は使ってみたい(28歳未婚)

携帯を買い換えるなら次も普通の携帯電話の理由

  • 購入価格が安ければスマートフォンにするかもしれないが、スマートフォンに興味がないのと、タッチパネルが嫌いなので、普通の携帯を購入すると思う(30歳既婚)
  • 機能がたくさんありすぎて使いこなせないと思うので(29歳未婚)
  • PC機能はPCでまかなえば十分。出先でまでスマホに縛られたくない(32歳既婚)
up

16婚活の登録はネットと相談所、どちらがいいですか(未婚の方のみ回答)

(n=484)

グラフ

ネット登録で婚活する理由

  • 婚活サイトの方が登録者(結婚相手)が多そう(27歳未婚)
  • 「相談所」って響きに追い詰められた感を感じる(30歳未婚)
  • アドバイザーなどがいるようなところは、入会金など何かとお金がかかりそうだから。ネットの方が手軽だから(26歳未婚)

相談所で登録して婚活する理由

  • アドバイザーとゆっくり話をしてから決めたい(33歳未婚)
  • 登録している男性も本気度が高い気がするから(34歳未婚)
  • ネットは詐欺や情報漏えいが心配だから(29歳未婚)
up

17飲み会は女子会のほうがいいですか(未婚の方のみ回答)

(n=497)

グラフ

女子会派

  • 食べる量や飲む量、店の雰囲気など価格に見合った楽しみができるから(34歳未婚)
  • 男性の目線を気にしないで、本心が出るから面白い!(27歳未婚)
  • 性別が違うとと話せないこともでてくるので(妊娠とか、出産とか、話してもわからないだろうし)(28歳既婚)

男女での飲み会派

  • 性格的に男っぽいところがあるので、キャッキャするのが苦手。女性同士は気を使うから疲れる。男性相手の方が気を使わずに本音で語れるし、勉強になる部分も多いので話していて楽しいから(28歳未婚)
  • 女子会は毎回同じような話でそろそろ飽きた(26歳未婚)
  • 女子会は本当に仲が良くないと、自慢大会になるのでいやだ(30歳未婚)
up

18高額なジュエリーや時計、カバンを買うなら、有名ブランドのほうがいいですか

(n=751)

グラフ

ブランド購入派

  • 有名ブランドを持っている自己満足に浸りたい(30歳未婚)
  • 高価なものはアフターケアがしっかりしているブランド商品が良いと思うため(34歳未婚)
  • 有名ブランドは高いだけあって、丈夫だし、いざとなったら売れる(27歳未婚)
  • 高価なものを身につけると身が引き締まるし、それを購入した分だけまた仕事も頑張れるから。あまり知られていない商品を持っていて、高価だと思われず他人から汚される心配があるので、有名ブランド品を好む(33歳未婚)

非ブランド購入派

  • これ見よがしのブランドは恥ずかしいから(33歳既婚)
  • 自分の目利きやセンスをアピールできるから(29歳未婚)
  • みんなが知っているものだと値段やレベルがばれてしまうのでできるだけ人が持っていないものが良い(33歳未婚)
up
<まとめ>

OLはいかに選択し“行動”“購入”“来店”“体験”をしているか、徹底調査!

  • Q11の「将来の住宅」に関してですが、ローンを抱える不安と、生涯家賃を払い続けなくてはいけない不安とでは、生涯家賃を払い続けるほうの不安が大きい結果となり、また、未既婚問わず、持ち家志向の強さが伺える結果となりました。
  • Q12の「初めてのデートで連れて行って欲しい店」では、夜景派と隠れ家系は概ね二分する結果となりました。また20代、30代においても大きな差はみられませんでした。
  • Q13の「収入保障のがん保険」への興味、加入ですが、全体では半々の結果ですが、35歳以上に限ると60%以上の方が収入保障のがん保険に対して、興味、加入が高くなり、年齢により大きな差が出た結果となりました。
  • Q14の「宅配便」の利用に関してですが、クロネコヤマトの使用状況が佐川急便を大きく上回り使用理由では、配達時間等のきめ細かいサービスや荷物を丁寧に扱っている、などの声が多くあげられました。
  • Q15の「スマートフォンの購入意向」ですが、次回スマートフォンを購入する意向と回答したOLは約45%であったが、20代に限っては約55%となり、逆に35歳以上に限るとスマートフォンの購入意向は約40%に留まり、若いOLのスマートフォンの購入意向は高い結果となりました。
  • Q16の「婚活の登録」ですがネット派は40%に留まり、相談所での登録を支持するOLが多い結果となりました。また年齢別にみても相談所での登録を支持するOLが概ね60%となりました。
  • Q17の「女子会」についてですが約60%のOLが女子だけの飲み会を支持しており、年代別にみても概ね女子会支持が概ね60%前後となっており、女子だけのぶっちゃけトークブームがしばらく続く様相となりました。
  • Q18の「ブランド品の購入意向」ですが、ブランド重視派は43%にとどまりました。年代別にみても概ね同じ傾向で、高級であってもみんなが使用しているブランド品よりも、ジュエリーはバッグ等の高額商品の購入にあたっては個性重視の傾向が伺える結果となりました。

前回の調査に引き続き、OLの行動や思考を調査したところ、今回の設問では偏った回答が見られました。設問の方向性がOLの興味に関してある程度ランダムなので、この回答からOLの傾向値を見出すことは難しいのですが、前回の調査の回答も併せて現在のOLの消費、志向、行動のトレンドは定性的には見えてきたかと思われます。OL向けのプロモーション施策においては、消費と志向と行動傾向をクロスさせて立案していく必要があると思われます。