イベントや体験ツアーを実施したい

イベントやツアーの企画・運営・集客告知まで 読者の声でブランディングもできます

 地元のことをよく知るリビング新聞。情報の豊富さや信頼性は、新聞づくりや地域サイトの運営を、地域の読者と一緒に丁寧にまじめに行っているからです。そんな読者との良好な関係を、行政の地域経営のお手伝いに活用していただくことができます。

埼玉県産業労働部産業支援課

「SAITAMA Smile Women フェスタ2016」

イベント趣旨が合致
県と協働でセールスも

 「女性の力で社会を元気に!」と、県が2013年から実施。2016年は9月10・11日開催、来場者は2万4892人(会場:さいたまスーパーアリーナ)。開催告知、協賛ブースセールスほか、編集長も運営実施に大きく関わっています。

掲載号:「リビングさいたま」2016年8月20日号26段ほか

杉並区産業振興センター商業係

「第1回ホタルサミット」

イベント開催準備から告知運営、告知物制作も

 ホタルの街・久我山のブランド確立と、区の交流自治体との連携を目的とする「ホタルサミット」(約4000人来場)。久我山商店街活性化サポートのご縁から実行委員に選出され、告知物やパネルの制作も行いました。

掲載号:「リビングむさしの」2015年5月30日号8段

中野区都市政策推進室

みんなで作る中野区都市観光サイト「まるっと中野」

街の魅力をサイトから発信
媒体社ならではのプロモーションも

 中野区都市観光サイト「まるっと中野」を2013年4月から区と協働で構築・運営。区民や来街者が楽しめるイベントやグルメなどの情報を、弊社と区だけでなく区内事業者・団体、地元有志によるレポーターがサイトにアップし、区の魅力を発信しています。「リビング新聞」など弊社媒体も活用しながら、イベントやセミナー、スペシャル媒体の発行といったリアルなプロモーションも実施し、サイトの周知を図っています。

実施 2013年4月から継続中
内容 中野区都市観光サイトの構築・運営

町田市経済観光部産業観光課

「お菓子なまちだ~町田スイーツフェスタ2015」

市の施設PRに貢献
イベントを企画・提案

 町田市の施設「町田シバヒロ」の活用・PRを目的に、女性やファミリーの集客ができるようなイベント開催の依頼を受け企画、提案。2015年10月24・25日に実施し、子連れの主婦やファミリーが9600人来場しました。

チラシも制作

掲載号:「リビングまちだ・さがみ」
2015年10月24日号1・2面特集

那須塩原市企画部 シティプロモーション課

移住定住促進「魅力体験ツアー」募集、実施

応募約400組 地域への推奨意欲も高まりました

 移住定住促進事業の一環で実施した「魅力体験ツア ー」。ターゲットである幼稚園児のママが読者の「あんふ ぁん」を中心に募集をかけたところ、1回目180家族(定員 6家族)、2回目204家族(定員12家族)と多数の応募があ り、効果測定を実施したところ、参加者の地域(まち)へ の推奨意欲が飛躍的に向上するという結果がでました。

掲載号:「東京リビング」2016年2月6日号26段

ターゲットを限定したさまざまなイベント

主婦フェス

 毎年秋にサンケイリビング新聞社とESSE(扶桑社)がタッグを組んで実施する、主婦向けの読者イベント『主婦フェス』。首都圏の各地から1万人の主婦が大集合する大型イベントです。主婦に圧倒的な影響力をもつ2大メディアによる「家事や育児を頑張る主婦に、ハッピーな一日をプレゼント」を開催趣旨として実施しています。

シティOL夏祭り

 毎年夏に開催される、シティリビング主催の読者参加型イベント。有名人が登場するメインステージをはじめ、新商品の試飲やいろいろ試せる各種ブースコーナーなど盛りだくさんのコンテンツが用意されています。感度が高く、可処分所得も高い働く女性の好奇心を刺激するプロモーションイベントに、毎年2000人規模の読者OLが大いに盛り上がります。

あんふぁん夏フェス

 「あんふぁん」及び「あんふぁんぷらす」が、読者である未就学児のいるファミリーに向けて実施しているイベントです。イベントコンテンツとして、ランドセル展示会、ステージショー、ならいごと体験会、縁日など、3世代・ファミリーで楽しめる内容を用意。5000人前後のファミリーが集う、一大イベントです。

PAGE TOP