5つのソリューション

読者と地域をつないで45年 官と民との橋渡しにもご期待下さい

当社の強み 読者をひきつける生活者目線の編集ノウハウ
地域広告を安定的に集める営業実績
独自の厳しい掲載基準と広告審査機能

 地元のことならお任せのリビング新聞。日々の新聞づくりや地域サイトの運営を通じて、読者のみならず、長年お付き合いのある行政との関係も構築してきました。その良好な関係から、住民へのサービス向上のために、行政と住民の橋渡しとなる新しい事業が展開中です。

5つのソリューション

私たちは、協働で自治体の課題解決に取り組んでいます

  1. 広報物を読まれる
    ものにしたい

    • 自治体ごとにオリジナルで制作します
    • 行政情報を生活者目線で編集します
    • 読者の声を活用する編集ノウハウがあります
  2. 広報物に安全に
    広告を導入したい

    • 地域広告を安定的に集める営業実績があります
    • 生活者を保護する厳しい掲載基準があります
    • 長年培った広告審査機能があります
  3. 広報物を確実に
    届けたい

    • リビング新聞を配る独自の配布組織を利用できます
    • ミ セス、OLなど特定のターゲットにリーチできます
    • 戸別配布、手渡し、設置など配布の方法も選べます
  4. 地域を盛り上げ、
    活性化したい

    • イベントの企画・運営・集客告知までできます
    • 読者の声で地場産品のブランディングができます
    • Webのコミュニティーサイトも活用できます
  5. シティプロモーション
    地域の魅力を地域内外に発信したい

    • 地域の魅力を掘り起こすことからお手伝いします
    • 首都圏の女性のニーズや本音を調査できます
    • 全国にネットワーク社があるので連携できます

行政広報メディアへの
広告導入のための条件は審査機能の運用

 行政が発行する広報メディアに広告導入をはかる場合、掲載される広告についての信頼性の担保が必要となります。掲載基準が厳格に運用出来ているかどうかが、問題となるわけです。
 原稿内容の詳細表現についての審査機能が運用できてこそ、初めて広告導入が可能となります。

蓄積された 運用ノウハウ活用で
行政側のリスクを回避

 リビング新聞の発行理念は、読者がより健全でより豊かな生活を送るための情報を提供することにあります。この理念に基づき、広告に関する「倫理要項」と「掲載基準」を定め、運用を行ってきました。弊社と協働発行を実施することにより、行政側のリスクが回避できるわけです。

コンプライアンス体制について

 弊社では個人情報を大量に取り扱うため、情報の保護に対し厳重かつ適切な管理体制を敷く責務を負っています。そのため、「個人情報保護方針」を制定し、全従業者が適正な取り扱い・管理・維持に努めています。
万一事故が起きた場合においても、弊社コンプライアンス室が窓口となり事故対応にあたります。

編集長の公共活動

地域の活性化、PRに努めています

※2016年5月までの活動から抜粋

■委員の受託

  • 日本商工会議所地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト採択審査委員
  • 北斎コミュニティデザイン実行委員会委員
  • 世田谷まちなか観光協議会委員
  • 町田市名産品等推奨委員会委員
  • 柏市広報モニター会議モニター委員
  • SAITAMA Smile Womenフェスタ実行委員会副委員長
  • 神奈川県かながわシルクフェア実行委員会委員
  • 横浜市道路高架下等利用計画検討会委員
  • 横浜市ヨコハマ・グッズ「横濱001」認定審査委員
  • 横浜市ヨコハマ創造都市センター運営団体選考分科会委員

■広報紙づくりなどの講師

  • 杉並区「大人塾」アドバイザー
  • 中野区広報課「広報紙の作り方」勉強会講師
  • 武蔵野市「コミュニティ新聞の作り方講座」講師
  • 埼玉県広報担当実務研修講師
  • 埼玉県市町村男女共同参画担当職員研修会講師
  • 神奈川県着地型旅行商品プロモーション強化推進事業講師

■審査員

  • 三鷹市「SOHOフェスタ」全国ポスター審査員
  • 町田夢舞生ッスイ祭審査員
  • 全国広報コンクール 千葉県選出作品審査会審査員
  • 千葉市 食のギフトセレクション審査員
  • 学生政策提案フォーラムinさいたま審査員
  • 神奈川県「新庁舎食堂ロゴ・ポスターデザインコンペティション審査委員」

リビング新聞 全国56エリア790万部のネットワークで応援します

2016年12月現在

PAGE TOP