ミセスのデータ

株式投資

 個人投資家が増えるなか、「株式投資」に対してのミセスの考え方を聞きました。まずは投資経験。「現在、行っている」が22.2%、「経験はあるが、今は行っていない」が15.6%で、経験者は約4割。残りの約6割が未経験者でしたが、そのうち約4割は「株式投資を始めてみたい」と考えているようです。
 株式投資を「一度もしたことがない」理由としては、約6割が「リスクが怖い」と回答する一方で、「関心がない」人は約2割。「何からはじめたらいいのかわからない」「きっかけがつかめない」と、はじめの一歩が踏み出せない人も多数いました=グラフ。
 また、「やってみたい」理由としては、預貯金だけではお金が増えない(60%)▽株主優待に魅力を感じた(59%)▽インターネットで手軽にできる(34%)▽経済に強くなる(30%)▽配当が期待できる(28%)−など。売却益を目指すというよりは、配当や株主優待でそのメリットを享受したい、経済に強くなりたいというまじめなニーズが浮かび上がってきました。
(編集部 平林 美幸)

【データ】
2005/5月WEBアンケート実施。有効回答数422。

くらしHOW

RSS

リビングニュース