ミセスのデータ

改まった席の「裸足でミュール」

 夏の足元アイテムとして、すっかり定着した感のある「ミュール」(かかとを固定しない女性用サンダル)。PTAの会合などの改まった席や仕事の際の「裸足(はだし)でミュール」は、自分のファッションとして「あり」か、「なし」か、を聞いてみました。その結果、「あり」は全体では41.7%。年代別では、20代43.1%、30代54.7%、40代33.7%、50代12.7%、60代12.5%となり、ミュール支持率が一番高いのは30代という結果になりました。

★あり派
・「今の時代は別に良いと思う。ただし裸足の場合はペディキュアは絶対してるほうが良い」(35歳)
・「暑い夏に手入れされた素足は特に問題ない(33歳)
★「なし」派
・「裸足はだらしない」(32歳)
・「裸足はともかく、ミュールはリゾートかパーティのみ」(54歳)

【データ】
女性のための生活情報誌・リビング新聞Webアンケートから。5月24〜27日、有効回答数645人。

くらしHOW

RSS

リビングニュース