ミセスのデータ

食の安全

 食品の偽装事件が続く中、「食の安全」への不安が膨らんでいます。「やや不安」までを含めれば9割以上が不安を感じている、という調査結果がでました。「非常に不安」と回答した人の割合をライフステージ別に比較すると、「末子が高校卒業以上」という主婦が特に不安感が高い様子がうかがえます。幼児を持つ主婦の方が安全性への不安が高いのでは?という予想は覆される結果となりました。

★「食の安全」で気になること
・添加物が氾濫して何がなんだか分からない(43歳)
・加工品や冷凍食品で何が使われているか、どこで加工されているかが気になる(39歳)
・安全と疑いもしなかった食品が次々と問題発覚。購入するのが怖い(38歳)
・アトピーの子がいるので成分や材料をチェックして購入してきたが、そこで嘘をつかれると…(46歳)

【データ】
リビングくらしHOW研究所とアイ・マーケティングアドバンス株式会社の共同調査より。2007年8月30日〜9月9日、有効回答数1496。

くらしHOW

RSS

リビングニュース