ミセスのデータ

オバサンになると失うもの

 「オバサン」になるほど得るものがある一方、なくすものって何? その感覚は年代によって違うのか、20代と50代のミセスに聞いてみました。
 どちらの年代でも、1位は「女らしさ」でした。20代では8割近くが回答しています。20代でこれに次ぐのは「色気」の62.6%。このほか「かわいらしさ」「恋心」など、男性にウケそうな部分が失われていく、と考えている様子です。
50代では、「色気」が33.5%で9位に。一方、「人との協調性」「たしなみ」「品格」などが上位となり、いずれも若い年代に比べ回答率は高くなりました。人としての性格や素養に変化があると感じているようです。

★得るものもある! オバサンであることのメリットは
・生きるのに役立つ知識・知恵が増えてくる(44歳)
・めげない強い心をもっている。(36歳)
・面倒見がよい。(29歳)
・他人から信用されやすい。親しみをもたれる。(61歳)

「オバサンになるほどなくしがちなもの」とは?

【データ】
女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。平成20年9月25日〜29日、有効回答数1592

くらしHOW

RSS

リビングニュース