ミセスのデータ

資産運用の相談相手

 金融市場も不安定な中、大切なわが家の資産運用について、主な相談相手を1人だけ挙げてもらいました。
すると、各世代を通じて「配偶者(=夫)」がトップ。ただし、30代以下は7割以上なのに対して、50代は5割にとどまりました。その代わり、50代は「だれにも相談しない」が21.3%とグンとアップ。50代は夫や自分が定年間近で、住宅ローンや子どもの教育費などから解放される人も多い世代。老後の資金計画は、自分の経験をいかして、自分中心に進めたい気持ちの表れかもしれません。

★わが家の資産運用
<満足>
・相談しながら夫婦で納得した使い方ができている(36歳)
・新居が持てた(49歳)
<不満>
・これまでいい感じだったが、ここ最近でガクンときている(40歳)
・いつも悩んでは、とりあえず銀行に預けっぱなし状態(45歳)

資産運用の主な相談相手は?

【データ】
女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。平成20年10月23日〜26日、有効回答数1399

くらしHOW

RSS

リビングニュース