ミセスのデータ

ミセスが意識している“顔”

女性が普通に生活していれば、妻や母、嫁、主婦…などのいくつもの“顔”を持っているもの。ミセスは年代によって、どんな役割を意識しているのでしょう。
20代では、「妻」の顔を意識するという回答が72.2%でトップ。50代では42.7%と20代の約6割まで減ります。また20代では「娘」の顔や、「嫁」の顔を意識している人も多いのですが、50代では少数になる一方、「主婦」の顔を意識する人が約7割と増えます。年代が上がると、「私は主婦」という意識が強くなるようです。

★「主婦」としての時間は何をする時間?
・家事、育児、ご近所付き合い、ママ同士の付き合い(36歳)
・主に食材の買い物、アイロンがけ、ごみの分別とごみの減量を考えているとき(35歳)
・家事全般、部屋のレイアウトや雰囲気作り♪(39歳)
・掃除、洗濯、井戸端会議(53歳)
・日々の、季節ごとの、そして年ごとの、自分自身を含めた家族全員にかかわる家事全般(52歳)

ミセスが普段意識している“顔”とは?

【データ】
女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。9月4日〜8日、有効回答数1599

くらしHOW

RSS

リビングニュース