ミセスのデータ

シミ・毛穴…隠したいのは30代

店頭にずらりと並ぶファンデーション。ミセスはどのような「効果」を求めて購入しているのかを聞きました。
30代・50代ともに支持されたのは「自然な仕上がり」「シミ・くすみなどのカバー力の高さ」。30代では「くずれにくさ」「毛穴のカバー力が高い」を求める人が多いことが目立ちます。毛穴をカバーしたいという意識は年代が若い主婦の方が高い傾向が見えました。一方50代では「ムラなく塗れる」ことを重視する人が多い結果に。
年齢による肌の変化に応じて、ファンデーションに求めることも変わってくるのでしょう。

 

★選ぶのも塗るのもひと苦労
・しわ隠しのつもりで、つい多めに塗ってしまうと、逆にしわが目立ってしまう。(57歳)
・ブランドの種類や色の選択が多すぎて大量に扱っている店頭では迷って選べない。(36歳)
・カバー力を求めると肌への負担を感じるし、負担を減らすとカバー力が落ちる…。(34歳)

ファンデーションに求める「効果」は?

【データ】
女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。1月15〜18日、有効回答数1769。

くらしHOW

RSS

リビングニュース