ミセスのデータ

ネットスーパー、小学生家庭で期待大

 主婦のネットスーパーの利用率は25.0%。4人に1人が利用経験があります。未経験の人でも約6割が「利用したい」と答え、今後利用が広がりそうです。
 利用経験者のうち「今後利用が増えそう」と答えたのは約半数。特に、一番下の子どもが「小学生」の家庭では62.1%と最多。「園児以下」では49.6%、「中学・高校生」では45.8%ですから、小学生家庭での期待の大きさは注目。「学校行事や役員などで時間がないときに助かる」(49歳)と、子供に手がかかる上、パートもぼちぼち始めるという時期には頼もしい存在のよう。

★ 利便性に加え、得も
・特売品の売り切れの心配なく買える。米、ビールなど重い物も玄関まで届けてもらえるのは格別(51歳)
・ネット限定商品なども良い物がある(47歳)
・果物や野菜を注文したらきれいな商品を届けてくれたので安心して注文できる(34歳)

今後ネットスーパーの利用は増えそう?

【データ】
リビングくらしHOW研究所調査から。2009年6月18日〜21日実施、有効回答数1625

くらしHOW

RSS

リビングニュース