ミセスのデータ

「料理の時短」への関心

 最近注目のキーワード「時短」。既婚女性に「時短」のためのアイデアや、それが実現できる商品への興味の有無について聞いてみたところ、「興味がある」と答えた人は93.1%。また興味のある時短ジャンル1位は料理・食事作り91.1%という結果になった。
 料理・食事作りの中でも時短したいと感じているのは「食器を洗う・しまう」68.5%、「調理器具を洗う・しまう」63.1%、次いで「下ごしらえ」55.6%、「食材を切る・皮をむく」51.6%、「煮る・煮込む」41.7%。もう少し「時短」して作りたいと思う料理では「おでん」「煮物」「揚げ物」がトップ3であった。「時短」に役立つと思う商品の上位は、そばにいなくてもおでんや煮物などの煮込み料理がつくれる「保温調理鍋(シャトルシェフなど)」と下ごしらえに使うという声が多い「オーブンレンジ」などが挙げられた。

【データ】
リビング新聞公式サイト「えるこみ」ウェブアンケート調査から。2011年1月13日〜17日実施、有効回答数510人。リビングくらしHOW研究所調べ

くらしHOW

RSS

リビングニュース