ミセスのデータ

デンタルケアで気になること

 美容や健康、エチケットなど様々な面において、重要視されるデンタルケア。「デンタルケアで気になること」について、大阪・兵庫圏の女性424人に聞いた。
 トップは「歯周病」64.5%、次いで「口臭」57.0%、「歯の色」39.9%。年代別で見ると、「歯周病」については年代が上がれば上がるほど気にする割合が高く、20代・30代では4割台であるのに対し、40代以上では7割台となった。「歯槽膿漏」も年代が高いほどポイントが高く、50代・60代以上で3〜4割台になっている。
 反対に、若い年代で高いのは「口臭」「虫歯」「歯の色」で、20代ではいずれも7割前後。「ホワイトニングなどの審美治療」に関しても、20代の84.6%が「興味がある」と答えており、ほかの年代よりも約20ポイント高い結果に。

園児パパのお小遣い

【データ】 リビング新聞公式サイト「えるこみ」ウェブアンケート調査から。2011年3月24日〜30日実施、回答数424人。サンケイリビング新聞社(大阪)兵庫営業本部調べ

くらしHOW

RSS

リビングニュース

ニュース一覧はこちら