ミセスのデータ

幼稚園のお弁当は、週2回がメジャー

 幼稚園児のいる母親にとって、お弁当作りは大きな関心事だ。お弁当特集が園児とママの情報誌「あんふぁん」でも面白かった記事のランキングの上位に入る、キャラ弁作りのサイトが人気を博するなど、お弁当作りは、一部の母親の間ではちょっとした“イベント化”“子どもを喜ばせる手段化”する傾向が見られる。しかしお弁当作りは手間ヒマがかかるため、毎日作るとなればかなりの負担。マンネリ化の悩みを持つ母親も多い。
 そこで幼稚園も、「お弁当も給食もどっちもあった方がいい」という母親のニーズを読んでか、「お弁当と給食の混合」が7割超を占める。「お弁当がある」と答えた人にその頻度を聞いたところ、「週に2回」が最も多く、4割を占めた。母親にとって負担がなく、しかもお弁当作りを楽しめるちょうど良い頻度が「週に2回程度」なのだろう。

★幼稚園ママのお弁当作りの悩み

  • 冷凍食品のオンパレードでマンネリ化してしまう。彩りに気を付けなければいけないなど悩みは多いです(42歳)
  • 苦手な物も入れたいが、食べられずにお腹をすかしてもかわいそうで、どうしたらよいか悩む(35歳)
  • 少し隙間があいた時に、いつも何を入れたらいいか悩みます(31歳)
  • 野菜が嫌いで色が悪く、変化のないメニューになる。果物が嫌いなのでデザートがゼリーしかない(29歳)
  • 見た目がかわいくできない。時間がないのであまり工夫してあげられない。おかずが考えられない(37歳)
  • 彩りよく可愛いお弁当にしようといつも四苦八苦しますが、お弁当を作る機会が少ない幼稚園なので、たまに作る時には気合が入ります(40歳)
  • キャラ弁のレパートリー。結構色んな材料がいる場合もあるので(33歳)

■調査概要
調査方法:WEBアンケート
調査対象:首都圏・関西圏・東海圏・北海道・東北・九州のあんふぁん読者
調査実施時期:2011年8月26日〜9月8日。
集計数:533件

くらしHOW

RSS

リビングニュース