ミセスのデータ

日用品の買い物

 全国の女性に日用品の買い物の購入先を聞いたところ、「スーパー(ネットスーパー含む)」が8割強、「ドラッグストア」が7割強、「ホームセンター」「100円均一ショップ」が5割強という結果に。あくまでもスーパーが基本だが、「今すぐ必要になったとき」はコンビニエンスストアを、「スーパーよりも安い商品があるとき」はドラッグストアを利用するという声が多い。

 購入するものについては、コンビニエンスストアは「菓子・デザート類」74.4%、100円均一ショップは「洗剤・キッチン用品・トイレタリー用品」52.2%が最も多かった。

★コンビニエンスストアで購入するものフリーアンサー

  • おにぎり、サンドウィッチなど(千葉県・58歳)
  • 弁当(京都府・42歳)
  • 雑誌、新聞(東京都・32歳)
  • はがき、切手(神奈川県・44歳)
  • チケット(神奈川県・53歳)
  • たばこ(大阪府・46歳)

★100円均一ショップで購入するものフリーアンサー

  • 事務用品(ノート・ペン・ファイルなど)(埼玉県・39歳)
  • 雑貨(タオル・食器・靴下など)(東京都・36歳)
  • 園芸用品(東京都・42歳)
  • 手芸用品(埼玉県・42歳)
  • 収納その他便利グッズ(神奈川県・59歳)
  • ハンガー、洗濯バサミ、水切りネット(千葉県・62歳)
  • お茶パック、珈琲用ペーパーフィルター(東京都・46歳)

【データ】
リビング新聞の公式サイト「えるこみ」でのWEBアンケート調査から。2012年5月31日〜6月6日実施、回答数986人。リビングくらしHOW研究所調べ

くらしHOW

RSS

リビングニュース