ミセスのデータ

園児ママは便利さで金融機関を選ぶ

 幼稚園児のいるママが利用する金融機関を選ぶときの決め手は「近くにあって便利」なことだ。金利が安いため、「どこも横並び」という印象をもつ人が多いようだ。小さな子どもがいる家庭の場合、日常の生活圏はかなり狭く、便利さを優先すればおのずと店舗・ATMが多い銀行を選ぶことになる。

 金融商品については「種類が多く、難しい」「説明を受けても分かりにくい」という声も聞かれ、知識のない人にもわかりやすく説明するwebサイトや店舗スタッフが求められているようだ。

★金融機関・金融商品について、日ごろ思うこと、希望など

  • 金利が低くて、どこに預けても同じ。魅力がない。近くて便利が最優先(神奈川・39)
  • 窓口が月に1〜2回でも土日に開いていればいいな、と思う(埼玉県・36)
  • 金融機関を統一した方が把握ができてラクだと思うが、引き落とし口座や、給料振込口座、幼稚園指定の口座の変更など、手続きが大変で、実際は統一できない状態。ポイントも中途半端にしか貯まらず、もったいないと思う。銀行間の融通や商品が共通化してくれると良いと思う(東京都・34)
  • 日本の経済が破綻するというので、海外に口座をつくりに行く知人が増えています。そういうのを聞くと、このままで良いのか、不安になります(北海道・42)
  • 金融商品は難しくて分かりにくい。説明を受けた時は理解できても忘れたりするので、もっと簡単にシンプルなものにしてほしい(神奈川県・35)
  • 色々な商品があるが、なかなか商品の内容がわかりづらいので、もう少しオススメな商品などの内容がわかりやすく記載してくれるとうれしいです!(大阪府・41)
  • どこも金利が低く、預金していてもほとんど増えないので、他の優遇や割引などがもっとあればいいなと思います(神奈川県・30)
  • 土日の利用手数料が無料だともっと良いです(北海道・37)

■調査概要
調査方法:WEBアンケート
調査対象:首都圏・関西圏・東海圏・北海道・東北・九州のあんふぁん読者
調査実施時期:2012年7/27〜8/9
集計数:611件

くらしHOW

RSS

リビングニュース