ミセスのデータ

家庭でここぞというときに活躍するメニュー

 全国の主婦に「自分たちの家庭で、ここぞというときに活躍するメニュー」を聞いたところ、「鍋料理」「お寿司」「カレー」「鶏料理」「すき焼き」といった料理が上位に並んだ。特に鍋料理は「野菜が取れて手間いらず、簡単なのに豪華に見えてここぞのときに活躍(46歳)」「急の来客がわかっても、ちょっとリッチな材料を揃えれば間に合うので、冬場は重宝(59歳)」などの理由で、多くの票を集めた。3位のカレーには「具を色々と変えることで何日でも食べられる(46歳)」「たくさん作って冷凍。パスタにかけたり、上にチーズを乗せてグラタンもどきにしたり、カレーうどんにしたり、色々便利に使える(48歳)」などの声が。子供が喜び、簡単に作れて、具材を変えるなど工夫次第でバラエティーをつけられるのが、家庭に定着するメニューのポイントのよう。

●ここぞ!というときに活躍するメニューの「ここぞ!」になる理由(フリーアンサー抜粋)

  • 「鍋料理」・・・あるもので作れるし、栄養バランスは良いし、温かい感じがするのか、手抜きなのに文句が出ません。(44歳)/簡単で野菜をたくさん食べられるので。(35歳)
  • 「チキン南蛮」・・・すぐに作れて簡単で豪華に見えるので喜んで食べてくれます!(29歳)
  • 「ぎょうざ、しゅうまい」・・・ひき肉とちょっと野菜があればおなかいっぱい食べられるし、元気になるから。(37歳)
  • 「ローストビーフ」・・・意外に簡単で豪華に見え、美味しいので。家族皆好物なので。(35歳)/簡単で合わせるソースによってバリエーションもあり、豪華でもあるので活躍。(54歳)
  • 「パスタ」・・・アレンジが効くので残り物で作れるから。パスタをゆでるにもレンジでゆでられるものもあってすぐできます。(37歳)
  • 「豚肉の紅茶煮」・・・お義母さんに教えていただいたこともあって主人の評判もよく、つけだれは一週間ほど味玉つくりに利用できて、お弁当のおかず作りでも助かる。(29歳)
  • 「お好み焼き、とんぺい焼き」・・・夫も子供も大好きで、しかも野菜もたくさんとれるし、経済的にも嬉しいメニューです。(38歳)
  • 「ハンバーグ」・・・余ったら、翌朝ロールパンに挟んで朝食にしたり、パスタに和えたり、グラタンに入れたり、カレーに入れたりと使えるので。(41歳)
  • 「ピザ」・・・出した瞬間「おお〜」と歓声が上がり、大人も子供も大喜びするから。(32歳)/誕生日やクリスマスなど、イベント時には必ず。子供が喜ぶし、夫が手伝いやすいから。(38歳)
●家庭でここぞというときに活躍するメニュー
順位 メニュー 票数
1 鍋料理 76
2 お寿司 53
3 カレー 50
4 チキンソテー、鶏のトマト煮など鶏料理 24
5 すき焼き 19
6 餃子 17
7 牛肉のたたき、ローストビーフ 16
唐揚げ 16
パスタ 16
生姜焼き、紅茶豚など豚料理 16

【データ】調査方法: リビング新聞公式ウェブサイト「リビングWeb」でのWEBアンケート。2014年11月13日〜16日実施、全国の女性568人回答。リビングくらしHOW研究所調べ

くらしHOW

RSS

リビングニュース