入稿用PDFの作成/プリセットとプリフライト

PDFファイル出力の準備

以下の手順によって、リビング入稿用のPDF作成プリセットを準備します。
入稿連絡書類より最新の「リビング入稿用PDF.joboptions」をダウンロードしてください。
※Illustratorの設定を行えば同一のプリセットをアプリケーション共通で使用できます。

  1. [編集]メニューから[Adobe PDFプリセット]を選択します。
  2. [読み込み]ボタンをクリックし、ダウンロードした規定の[リビング入稿用PDF.joboptions]を読み込んでください。

PDFの書き出し

「リビング入稿用PDF」設定を利用して、Illustratorから入稿要のPDFデータを保存します。 PDFの保存とは別に、作業中のIllustratorデータは『Ai形式』などに保存してIllustratorデータとしてバックアップください。
Acrobat Distillerやその他のアプリケーションからは送稿用PDFデータを作成しないでください。

  1. [ファイル]メニューから[複製を保存]を選択します。
  2. [フォーマット]で[Adobe PDF(pdf)]を選択し、ファイル名と保存場所を指定して [保存]をクリックしてください。
  3. [Adobe PDFを保存]パネルで「リビング入稿用PDF」の設定を選択して[PDFを保存]をクリックします。

プリフライトプロファイルの準備

Acrobatのプリフライトメニューへ「リビング入稿用.kfp」を取り込み「リビング入稿用PDF」のプリフライトを準備をします。
このリビング入稿専用プリフライトプロファイルを用いて、入稿用PDFデータの検査を行います。

  1. Acrobatの [アドバンスト]メニューから[プリフライト]を選択します。
  2. [オプション]メニューから [プリフライトプロファイルを取り込み]を選択し、解凍した「リビング入稿用.kfp」を取り込みます。

プリフライトの実行

[プリフライト]パネル内に取り込んだ規定のプロファイルを選択して[解析]をクリックしてプリフライト結果を確認する。

情報項目として、サイズ以外の状況が報告された場合、各項目について確認の上、修正するか又はこのまま入稿するのかを判断ください

オーバープリント状況の確認、TAC値(総網点量)の確認

目視確認:最終PDFから出力したプルーフで必ず確認してください

プリフライトチェックでは、制作にあたって意図した効果が得られているかを判断はしません。必ず最終PDFから出力したプルーフで望んだ効果をえられているかを確認してください。

プリフライト結果上に仕上がりサイズ(左右x天地mm)は必ず表示される仕様になっています、 左のをクリックして表示された仕上がりサイズが意図した制作サイズであるかを確認してください。
※Acrobatの仕様により小数点以下のブレが発生する場合がありますが問題ありません。(許容誤差±0.1mm以内)

オーバープリント状況の確認、TAC値(総網点量)の確認

目視確認:最終PDFから出力したプルーフで必ず確認してください

プリフライトチェックでは、制作にあたって意図した効果が得られているかを判断はしません。必ず最終PDFから出力したプルーフで望んだ効果をえられているかを確認してください。

入稿セットの作成

[Illustrator 初期設定][雑誌広告送稿用]などプリセットを[リビング入稿用PDF]以外のものでPDF を作成したり、特色を残したりしますと左記の様にエラー表示となります。制作にご注意ください

RSS

リビングニュース

女性の本音リサーチ

ミセスデータレポート

OLマーケットレポート