vol.3

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

マンション・旅行・エステにブランドバッグ 30代女性のぜいたく傾向

今の30代の多くはバブル時代の経験者。華やかな学生時代や新入社員時代を送り、今の20代よりもたくさんのモノやコトを自由に謳歌できる雰囲気の中で過ごしてきました。そんな30代女性たちはこの不況下でもとにかく消費活動が元気! 20代のころから海外旅行やブランドの服、バッグに慣れ親しんだ彼女たち、30代になってからのキーワードは「自分磨き」「私が納得」「一生モノ」、だそうですよ。

設問

調査概要

  • 調査期間:2002年10月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:376人(不明・非該当を除いて集計)
  • 回答者平均年齢:32.9歳

1フンパツしてよかった、と思うものとその金額は?

●ファッション

【最高金額】訪問着・・・130万円

【多かった品物と価格帯】
コート・スーツ…15万円前後、ブランド物のバッグ…10万円前後。エルメスのバッグ…60万円前後、着物…40万円前後、 オーダーメイドの靴…4万円前後

【フンパツ!キーワード】 身だしなみ、一生モノ

  • 「コート/8万円」 大人なんだから、ちゃんとした物を持ちたいと思って。(S・Iさん38歳)
  • 「エルメスのバーキン/56万円」 一生持っていても恥ずかしくない、きちんとした物が欲しかったから。修理も出来るし、大切に使えば、代々使っていけるでしょう。(K・Mさん30歳)

●時計・宝飾

【最高金額】腕時計…180万円

【多かった品物と価格帯】
腕時計(エルメス、カルティエ、ブルガリ)…50万円前後、ダイヤモンドジュエリー…20万円前後、腕時計(オメガ)…30万円前後、腕時計(ロレックス、ショパール)…80万円前後、パールジュエリー…50万円前後

【フンパツ!キーワード】 毎日の幸せ、本物志向

  • 「パールのネックレス/50万円」 私もそろそろ、フォーマルな場できちんとした物を身につけなければ、と思い購入しました。(R・Yさん30歳)
  • 「エルメスの時計/25万円」 あまり目立たないようで分かる人には価値が分かる物。指輪やネックレスだと仕事上身につけられないが時計は随時見につけるものだから。(R・Wさん32歳)
  • 「ロレックスの時計/48万円」 「30歳の記念に自分にご褒美をあげよう」と就職したときから漠然と考えていました。実際30歳になった時、長く愛用できるのは時計だと思い購入しました。なぜ30歳だったかと言えば、大人の女性=30代というイメージがあり、仕事も覚え、ライフスタイルも確立し自分で楽しみも見つけられると実感できたのもちょうどこの頃でした。(M・Aさん33歳)

●暮らし

【最高金額】マンション…5200万円

【多かった品物と価格帯】
家・マンション…3000万円前後、外国車350万円、国産車180万円前後、食器洗い機15万円前後、ダイニングセット50万円前後

【フンパツ!キーワード】 快適の追求、生活の充実

  • 「マンション/3000万円」 自分のお城が欲しかったので。(Y・Tさん34歳)
  • 「掛け布団/17万円」 ベッドを購入しようとIDC大塚家具に訪れたところ、掛け布団が一緒にディスプレイされており、体験した(ベッドに横になり、お布団をかぶってみた)ところ、その柔らかい感触に参ってしまった。(Y・Fさん32歳)
  • 「250ccのバイク/100万円」 もともと学生のときは乗っていたが、30を目の前にしたとき、思いきって買った。自分が自由になった気がして、30代前の憂鬱が吹き飛んだ。ご多聞にもれず、30歳を目前にしたとき結婚や仕事を含めた人生そのものにわけのわからない不安とあせりを覚えていたが、購入を決めれば人生観が変わるような気がした。(A・Iさん36歳)

●ファンデーション

【最高金額】補正下着…35万円

【多かった品物と価格帯】
美容液3万5000円前後、補正下着30万円前後、ブラジャー1万5000円前後、入浴剤・ソープなど月2万5000円前後、シルクの下着20万円前後

【フンパツ!キーワード】 自分だけの満足感、努力

  • 「基礎化粧品/1万3000円」 小さな頃からおでこの皺を気にしていたので、販売員の方に相談したら「皺は水分保湿が大事」と言われて薦められたから。皺が目立たなくなって、満足♪(T・Yさん33歳)
  • 「下着やストッキングなど/30万円」 若い頃は顔のファンデーションに凝ったが30代になると体のファンデーションが重要と思うようになった。表面的ではなく体の下から意識改革したかったから。(T・Tさん35歳)
up

2「自分磨き」のためにフンパツしてお金を使ったものとその金額は?

●グルメ

【最高金額】ワインパーティ…20万円

【多かった品物と価格帯】
ディナー1人1万円前後、ランチ1人7000円前後

【フンパツ!キーワード】 高級店の味と雰囲気に慣れたい

  • 「レストランエノテカピンキオーリでディナー/2万5000円」 超高級というのがどんなものか、体験として知っておきたかった。人から聞くのとのギャップがどれほどあるか、自分の目と舌で感じたかったので。(M・Tさん32歳)
  • 「フランス料理/3万円」 記念日には必ず贅沢をして、働いていて良かったと思えるようにおいしい物を食べに行こうと!(Y・Aさん32歳)

●旅・宿泊

【最高金額】世界一周…300万円

【多かった品物と価格帯】
海外…旅費50万円前後、ホテル1泊10万円前後、飛行機のビジネスクラス35万円前後
国内…旅費20万円前後、老舗旅館1泊4万円前後、都内近郊のホテルステイ1泊2万5000円前後

【フンパツ!キーワード】 自分へのご褒美、命の洗濯

  • 「ロイヤルパークホテルニッコー宿泊/2万5000円」 命の洗濯をしようと思った。ものすごく贅沢をした気分。のんびりできた。(Y・Tさん34歳)
  • 「成田〜シドニービジネスクラス/50万円」 ゴージャス感を味わいたかったのと同時に、高級ホテルのようにレディとしてのお作法も学べるかなと思って。(A・Nさん31歳)

●知識・教養

【最高金額】大学院の学費…300万円

【多かった品物と価格帯】
語学スクール50万円前後、資格を取得できる学校30万円前後、パソコンスクール50万円前後、
習い事(フラワーアレンジ、着付けなど)100万円前後

【フンパツ!キーワード】 手に職をつけたい、趣味をモノにしたい

  • 「PCスクール/100万円」 資格習得後、転職をしたいと思った。しかし現在の仕事が忙しく、ほとんど通学できず後悔。(Y・Iさん31歳)
  • 「英会話と着物着付け教室/合計50万円」 30歳を目前にし、このままじゃいけない!今しかできない事(結婚したり子供が出来たりするとできなくなるような事)をやっておきたい!と思ってずーーーーっと自分に言い訳をしながら実行に移せなかったお稽古事をやってみようと思った。(N・Wさん30歳)

●ボディ

【最高金額】エステ…300万円

【多かった品物と価格帯】
エステ(スキンケア、痩身)50万円前後、エステ(脱毛)70万円前後、リラクセーション系マッサージ3万円前後

【フンパツ!キーワード】 満足感、身だしなみ

  • 「月に2度、美容院でヘアトリートメント/2万円」 仕事が忙しくて睡眠不足が続いたら、髪がバサバサになってしまったので。今まで美容院なんて、半年に一度しか行っていなかったので、とても贅沢な気分。髪は女の命だから、なんとしてでも美しい髪を保とうと思う。(J・Tさん32歳)
  • 「エステ/50万円」 自分の体を鏡で見て、これから先はたるんでいくのみ、ただでさえ伸びきったお腹の肉、何とかできるうちに、と思った。(M・Oさん35歳)
up

3ぜいたくをしようと思ったのに失敗してしまったことは?

<30'sのぜいたく失敗ワースト3>

1) エステやスクール、スポーツクラブなどに大金を支払ったのに、利用しなくなってしまった。

  • 「英会話/30万円」 120回分購入したのに20回しか通わなかった・・・。(N・Kさん32歳)
  • 「スポーツクラブゴールド会員/15万円」 1回も通わなかった。お金払えば行くと思ったのに、面倒で…。好きじゃないことはできないですね。(S・Yさん31歳)

2)高額商品を買っても結局使わないまま

  • 「マックスマーラのスーツ/10万円」 コートにすればよかった。はっきり言って着ない。東海道の満員電車に着るなんてもったいないと思っていたら、実用で着られない。(Y・Sさん30歳)
  • 「矯正下着/5万円」 下着を着けるまでが大変で、朝の忙しい時に時間もなく、結局一度も使っていないたんすの肥やし。(Y・Hさん35歳)

3)期待していたほどのぜいたく感が得られない

  • 「エステ(痩身)/30万円」 全然効果無し。食べるものを制限され、毎回行くたびに何を食べたか言わされ、マッサージしている間に商品の売りつけをされる。逆に反動で食べてしまった。(K・Nさん37歳)
  • 「コース料理/1万5000円」 高いだけで美味しくなかった。居酒屋の料理とかわらない感じでがっかり。(M・Tさん32歳)
up

420代前半のころと比べて、お金の使い道についてあなたの価値観はどう変化したと思いますか?


流行に流された衝動買いはもう卒業。自分なりの価値観でぜいたくを楽しむ30's

  • 20代前半は主に趣味やお洒落のために使っていたが、最近は自分磨きにもっとも比重を置くようになった。(M・Yさん32歳)
  • 服やアクセサリーよりも、食べ物やリラクゼーションにお金を多く使うようになった。おいしいものや良いホテルに、値段は問わない!(M・Eさん32歳)
  • 自分に“見る目”ができたのでブランド物や流行に惑わされなくなった。(M・Hさん35歳)
  • 化粧品を購入する際も基礎化粧品にお金をかける。20代はアイシャドウや口紅に興味があり買っていたが、今は肌がきれいに見えるファンデーションやチークは必需品(K・Hさん32歳)
  • 20代前半は、目先のモノを買うのが目的で働き、浪費していましたが、後半からは長く使えて質が良く、流行に捕らわれないモノを選んで購入。長く大事に使う事を学んだと思います。(E・Hさん30歳)
up
<まとめ>
  • お金の使い方について「20代に比べて変わったこと」を30'sに尋ねたところ、圧倒的に多かったのは「無駄なものを買わなくなった」という答え。流行に流された衝動買いは、ほとんどしなくなったようです。
  • その分これぞと思ったものにはかなりのぜいたくをしています。「自分の人生を豊かにするために必要なもの」「一生使える良質なもの」には大金を惜しまない、そんな思い切りのよさもうかがえます。
  • 実際にフンパツして「良かった」と思うモノは、時計や化粧品、マンションなど様々。金額的には相当のバラツキがありますが、購入した動機としては「30歳になった記念」「大人としての身だしなみ」「本物志向」といったものが多く見られました。
  • 30'sが「自分磨きのために大金をつかっていること」を尋ねたところ、多かったのは「ボディーメンテナンス」でした。そう答えた人の大半は、エステなどに通って50万円くらいをかけて体を磨き上げています。
  • また、スクールにお金をかけている人もかなりの数。「今後のキャリアアップのため」「趣味をモノにして将来は職業に」など、遊び感覚というよりむしろ、プロフェッショナルな内容を学びたいという意識が強いようです。
  • 都内近郊のホテルで1泊2〜3万円くらいのレディースプランを利用したプチぜいたくは日常的なもの。海外旅行では1泊10万円のジュニアスイートで優雅なひとときを送る人も。旅行にしてもグルメにしても、ゴージャスデビューのきっかけは、誕生日などの記念日。それからその魅力にはまり、リピーターになっていくのだそうです。
  • バブル時代に女性の行動範囲を鮮やかに広げ、「30代になってもキャリアを捨てずに仕事を続ける」という生き方を初めて団体で乗り切ることに成功した現在の30's。次々と新しい価値観を築いてきた30'sのぜいたく観には、新しい時代の波を作り出すパワーが! 今までの30代消費スタイルの常識を変えてしまう、新しいぜいたく観をブレークさせるかもしれません。