vol.5

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

みんな大好きテーマパーク! 会社帰りにも行っちゃいます!

日常を忘れさせ、夢のひとときを与えてくれるテーマパーク。OLたちも例外なく、テーマパークは大好き。平日の夜にも遊びに行っているみたいです。今年続々オープンする温泉系レジャー施設についても聞いてみました。

設問

調査概要

  • 調査期間:2003年2月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:1,861人(不明・非該当を除いて集計)
  • 回答者プロフィール 平均年齢:30.8歳

1行ったことのあるレジャー施設は?

グラフ

最も多かったのは「東京ディズニーランド」で、98.5%とほとんどの人が訪れています。次いで老舗の「後楽園ゆうえんち」84.2%、「としまえん」81.8%となりました。 昨年9月にオープンした「東京ディズニーシー」は開園から5ヶ月にして5位の58.4%、半数以上の人が訪れています。

up

2平日の夜にレジャー施設に行ったことはありますか?

グラフ

約7割の人が平日の夜にレジャー施設に行ったことが「ある」と答えています。OLたちのアフター5に、「レジャー施設で遊ぶ」という選択肢は確実に存在しているようです。

up

3平日の夜にレジャー施設に行きたいと思う理由は?

グラフ

「夜景が楽しめるから」が最も多く74.5%、次いで「平日の夜は料金が安くなっているから」59.9%、「平日の夜は空いているから」56.7%となりました。この3項目は全て半数を超えており、特に「夜景が楽しめる」ことは大きなポイントになっているようです。
「職場からの距離」「交通アクセス」は20%を切っており、レジャー施設自体に魅力があれば、多少時間がかかっても集客を図ることができそうです。

up

4今後行きたいと思うレジャー施設は?

グラフ

「行ったことがある」では5位だった「東京ディズニーシー」が最も多く86.2%。次いで「東京ディズニーランド」74.1%「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」63.7%、となりました。テーマパークが多い中で、「箱根小涌園ユネッサン」39.7%、「スパリゾートハワイアンズ」30.3%の入浴系レジャー施設のスコアも高く、入浴系レジャー施設への関心の高さも伺えます。

up

5好きなタイプのアトラクションは?

グラフ

「ジェットコースターなどの絶叫マシン」が最も多く66.2%、次いで「冒険ものなど夢のあるツアー」61.2%、「パレードやショーなど」52.4%となりました。「ウォータスライダーや流れるプールなど」は季節限定のものにも関わらず、約半数の人が挙げています。


up

6設備や料金、サービスなどレジャー施設に望むことは?

※フリーアンサーの回答をカテゴライズして集計

グラフ

「入場料を安く」という意見が圧倒的に多く、次いで「アトラクションの待ち時間を短く」、「食事を安く」、「食事をおいしく」、「混雑の緩和」、「トイレをきれいに」、「施設・アトラクションの充実」、「接客の徹底」、「トイレの数を多く」などが挙げられました。

  • 全部で片手ですむ位ならもっと行く回数が増えるのになあ、と思う。実際行きたくても、躊躇してしまうコトも多いし。レストランと言うか、もう少し食事にチカラをいれて頂ければ。高い割に美味しいとは思えない。外で同じ値段出せばもっと美味しいもの食べれるのに。仕方なく食べるんじゃなく、アトラクションと同じ位感動出来たら・・・・質と価格の溝、もう一度考えて頂きたい。(横浜市・33歳)
  • トイレが不満。ディズニーランドでさえ、まだまだだと思うことがある。乗り物のために並ぶのは我慢できても、トイレを待つのは我慢できない。 また、不衛生なところも多いし、子供用のベットさえ置いていないことがある。 日本のトイレは空調がない(寒い)のが許せない。(目黒区・31歳)
  • 休日のテーマパークは混雑する事が多く、アトラクションによっては2時間や3時間並ぶ。どれが現在どれくらい混んでいて、すいているのか、その場へ行かなくても園内で分かれば便利。携帯配信など。(江東区・24歳)
  • 夢を売るところだと思うので、施設の管理を特に徹底してもらいたいです。ゴミが落ちていたり、古くて傷みの激しい建物などでは興ざめします。料金設定ももっと低めにしてもらえると、もっと頻繁に利用できるのですが・・・。(松戸市・26歳)
up

7お台場「大江戸温泉物語」、東京ドームシティの「La Qua」などの温泉系レジャー施設に  行ってみたいと思いますか?

グラフ

「行ってみたい」が80.7%で、ほとんどの人は温泉系レジャー施設の利用に前向きです。

up

8お台場「大江戸温泉物語」、東京ドームシティの「La Qua」などの温泉系レジャー施設に行ってみたい理由は?

※フリーアンサーの回答をカテゴライズして集計

グラフ

Q7で「温泉系レジャー施設に行ってみたい」と答えた方にその理由を尋ねたところ、 「温泉が好きだから」が他よりも圧倒的に多く、次いで「近場で温泉が楽しめるから」、「新しいものに興味があるから」、「面白そうだから」、「疲れを癒したいから」、「リラックスしたいから」、「日帰りで気楽に行けるから」、「話のネタに」などが挙げられました。

  • 1泊とかで温泉に行くと、遠くて行くだけで疲れちゃうけど、近場で温泉に入れるのであれば気軽だしぜひ行ってみたい。(中央区・27歳)
  • 今までに無い感じだから是非行ってみたい!都会で癒し系のレジャー施設なんて素敵!!(草加市・24歳)
  • 思いっきり遊んだり、楽しんだあとに、温泉でゆっくり疲れをとることができるから。(川崎市・29歳)
  • 温泉が大好きなので、気軽に電車で行ける日帰り温泉はとても楽しみ。(新宿区・29歳)
up
<まとめ>
  • 行ったことのあるレジャー施設は「東京ディズニーランド」がトップ。98.5%とほとんどの人が訪れています。「東京ディズニーシー」は開園から5ヶ月にして5位の58.4%、半数を上回っています。
  • 平日の夜にレジャー施設に行ったことがある人は70.8%。OLたちの中では平日の夜にレジャー施設で遊ぶ、という選択肢は確実に存在しているようです。
  • 平日の夜にレジャー施設へ行く理由は、夜景が楽しめ、料金も安いし、しかも空いているから、というのが半数以上の意見。「職場からの近さ」「交通アクセスのよさ」「自宅までの距離」などは2割を切っていてあまり重視されていない様子。施設自体の魅力で、集客を図ることができそうです。
  • 今後行きたいレジャー施設は「東京ディズニーシー」が86.2%とトップ。次いで「東京ディズニーランド」74.1%、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」63.7%となりました。夢の世界を作り上げるための徹底したサービスに定評があるようです。
  • 好きなタイプのアトラクションは、「絶叫マシン」が最も多く66.2%、次いで「冒険ものなど夢のあるツアー」61.2%。
  • 設備や料金、サービスなどレジャー施設に望むことを聞いてみたところ、「入場料を安く」「おいしい食事を高すぎない料金で」「トイレをきれいに、数を多く」「アトラクションに並ぶ時間の短縮」などが挙げられました。
  • 今年都内にオープンする温泉系のレジャー施設に行ってみたいという人は80.7%。その理由として挙げられたのは、「大好きな温泉が近場にあれば、日帰りで気軽に疲れを癒してリラックスできるから」「新しいものに興味があるし面白そう」といったもの。
  • 平日の夜にレジャー施設を訪れたことのあるOLは7割。平日の夜の集客を図るには、夜景の美しさを演出すること、通常料金よりも安い利用料の設定は必須。さらに夜にしか楽しめないアトラクションなど内容の充実、交通アクセスの良さが求められています。平日の夜に限らず、施設内での食事のまずさと価格の高さは最も改善すべき点。トイレの清潔さと並ばないで済むほどの数を用意することもポイントのようです。