vol.7

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

OLはラブストーリーがお好き

都心に勤めるOLたちにとって、映画館はとっても身近な存在。新作映画情報はこまめにチェック、レディースデーや映画の日も上手に利用して映画鑑賞を楽しんでいるようです。最近見ておもしろかった作品なども聞いてみました。

設問

調査概要

  • 調査期間:2003年3月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:1,347人(不明・非該当を除いて集計)
  • 回答者プロフィール 平均年齢:31.3歳

1最近一年間で何回くらい映画を見に行きましたか?

グラフ

外国映画(アニメ以外)は、「3〜4回」が最も多く22.2%。平均は6.78回。 日本映画(アニメ以外)は、「行かなかった」が最も多く42.9%。平均は1.68回。 アニメ映画でも「行かなかった」が最も多く49.7%。平均は1.03回。 OLたちにはやはり外国映画が人気ですが、日本映画・アニメ映画を合わせると、年間に平均9.5回、映画館に足を運んでいます。

up

2好きな映画のジャンルは?

グラフ

「ラブストーリー」「人間ドラマ」「アクション」「コメディ」「サスペンス」がベスト5。最も多いのは「ラブストーリー」で67.7%の人が好きなジャンルとして挙げています。

up

3レディースデーや映画の日を利用したことは?

グラフ

レディースデーは通常毎週水曜日、映画の日は毎月1日。設定日の数が多いこともあってか、レディースデーの方が利用経験者は多く、7割以上の人が利用したことがあると答えています。映画の日を利用したことがある人も約6割を超えています。

up

4映画には、いつ行くことが多いですか?

グラフ

「主に休日」が最も多く44.5%。「会社帰りと休日の半々くらい」「主に平日の会社帰り」がほぼ同じスコアで挙げられました。


up

5映画を見るときのパターンは?

グラフ

「予め見る作品を決めて出かける」人がほとんどで、95.4%。OLたちにとって、映画は予め見る作品を決定してから出かけるもののようです。

up

6どんなタイミングで映画情報が欲しいですか?

グラフ

「劇場公開1ヶ月前」が最も多く、74.0%。次いで「劇場公開1週間前」「劇場公開期間中」「劇場公開直前」の順で挙げられました。


up

7映画の内容紹介で、好みのものは?

グラフ

「出演者や映画のワンシーンの写真を大きく使った作品紹介」が最も多く、次いで「とにかく詳細な内容を紹介する方法」「試写の感想など、自分と同じOLの生の声による作品紹介」「映画評論家による作品紹介」「著名人による作品紹介」の順で挙げられました。


up

8最近見て面白かった映画は?

グラフ
  • ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
    キャスト、CG技術などどれもすごく原作のイメージ通りで、映画の世界に惹きこまれた気がした。前作よりも内容が感動できるものになっていた。戦闘シーンはただの争いというだけでなく、なぜ戦う必要があるのかなど特に今の時代には考えさせられる部分もあった。(29歳・未婚)
  • ハリーポッター
    最初から最後までず〜っとワクワク。賢者の石も秘密の部屋もおもしろすぎる!!!もうハリーポッターの世界の虜。現実から離れて、イヤなことも忘れさせてくれる映画。(29歳・既婚)
  • 戦場のピアニスト
    ロマン・ポランスキーの実体験に基づいた、嘘、偽りの無いドイツ人によるユダヤ人の迫害シーンとユダヤ人のゲットーでの生活ぶり。世界的に緊張状態である中で、宗教や人種の違いによって引き起こされる戦争について、この映画を見ることで本当に戦争を行うことが解決方法なのかと考えさせられた。(32歳・未婚)
  • 猟奇的な彼女
    あまり期待せずに見に行った事も手伝って、映画を観終わった時の充実感といったらありませんでした。笑いあり、涙有り、感動あり、上映が終了した時には、とても温かな気持ちが広がりました。映画の初めの頃には、主役の男の子があまりパッとしないなー、と思っていたのですが、最後にはとても好きになってしまいました。(33歳・既婚)
  • 黄泉がえり
    誰にでも大切な人を失ったことがあると思う。もう二度と会えないと思っていた所にいきなり戻って来るなんて普通ありえない。そのありえない事が実際に起きた時のとまどい、喜び・・そしてまた別れなくてはいけない寂しさ切なさ・・よく描かれていて、映画を観ながらも、自分の廻りでそういうことが起こったら・・・?って考えてしまいました。映画館で終始泣きっぱなしでした。(32歳・未婚)

up
<まとめ>
  • OLたちは年間に平均9.5回、映画館に足を運んでいる映画館のヘビーユーザー。好きなジャンルは「ラブストーリー」「人間ドラマ」などで、レディースデーや映画の日も使ってお得に映画を楽しんでいます。
  • 映画館に行くのは休日だけではなく平日の会社帰りも多いのがOLの特徴。平日夜の集客を図るにはOLは外せないターゲットです。映画を見に行くパターンとしては、「予め見る作品を決めて出かける」というのがほとんど。そのためにはタイミングとOL好みの紹介方法をおさえた広告展開が必要です。
  • 映画を見に行くパターンとしては、「予め見る作品を決めて出かける」というのがほとんど。また、映画情報を得たいタイミングは「劇場公開1ヶ月前」が「1週間前」「直前」を大きく上回っています。OLの足を映画館に向かわせるには、ちょっと早めの情報発信が有効のようです。
  • そして、作品紹介の方法としては、出演者や映画のワンシーンの写真を大きく扱いつつ、できるだけ詳細な内容を紹介するのがポイント。また、映画評論家や著名人による作品紹介よりも、自分と同じOLの感想など生の声を利用したほうが効果的のようです。