vol.27

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

OLの一番好きなデパートはどこ!?

OLのアフター5の楽しみといえば、ショッピング! デパートの売上が伸びないと話題になっている昨今ですが、OLたちのデパート熱はまだまだ冷める気配はありません。
移り気なOLたちの心をしっかりと掴んでいるデパートはどこ? そして、OLはデパートのどんなところをチェックしているのでしょうか。

設問

調査概要

  • 調査期間:2004年11月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:826人(不明・非該当を除いて集計)
  • 回答者プロフィール 平均年齢:30.2歳

1平日・休日によく行く街

グラフ

「銀座」は平日・休日問わずOLに人気のエリア。続く「新宿」「渋谷」「池袋」も人気の高いエリアです。「丸の内」「八重洲」「日本橋」は仕事帰りに平日寄ることが多く、「青山・原宿」「恵比寿・代官山」「横浜」「お台場」は休日に行くことが多いようです。

up

2最も好きなデパート

グラフ
グラフ

「新宿伊勢丹」が1位。僅差で「プランタン銀座」が2位につけています。昨年のランキングと比較すると、昨年3位だった「新宿高島屋」が5位に、6位だった「池袋東武」が11位にランクダウン。反対に快調だったのは、昨年4位から3位になった「池袋西武」、10位から7位に上がった「松屋銀座」などでした。

up

3そのお店を好きな理由

  • 【新宿伊勢丹】
    新宿から少し離れているため、雑踏がわずかに回避されていることと、高級感を感じる。とてもとても好きな芸能人がお忍びでたまに新宿伊勢丹に行っているというのを聞いて自分の中での思い入れが急速アップ! (25歳)
  • 【プランタン銀座】
    プランタン銀座は、パリ直輸入の商品や女性雑誌(ファッション紙)の大半がプランタンのお店に集約されているから。他のデパートをはしごしなくても館内で比べたり選べたりできるから。 (30歳)
  • 【池袋西武】
    アパレル関係は、どこのデパートでも大差ありませんが、靴売り場に関しては、絶対的に量も種類もダントツだと思います。少なくとも、ここへ行けば必ず数足買います。 (30歳)
  • 【銀座三越】
    銀座の土地柄のせいか接客がいいと思います。銀座のデパートの中でも接客の良さは一番! デパ地下に入っている店舗も良い。三越カードがゴールドで割引が効くのも魅力です。 (23歳)
  • 【新宿高島屋】 
    新宿によく行くが、デパートの中でも一番開放感があって広くて買い物しやすい。ちょっとつかれた時に一休みしたり、持ち物の整理がしやすいスペースが多い。他のデパートは狭いわ混むわで落ち着いて買い物が出来ないので嫌。 (26歳)
up

4実際によく行くデパート

グラフ
グラフ

「最も好き」と、「実際によく行く」は事情が違うようで…。「プランタン銀座」が「新宿伊勢丹」を抜いてトップの座につきました。銀座エリアに行くOLが多いこともあって、「銀座三越」「有楽町西武」「松屋銀座」「有楽町阪急」など銀座エリアのお店が上位に挙がっています。

up

5ショッピングに行くのはいつか

グラフ

デパートには「主に平日の会社帰り」に立ち寄るのがOLのスタンダード。6割近くのOLは仕事帰りにショッピングを楽しんでいるようです。若いほど「休日」が多く、反対に年齢が高くなるほど「平日の会社帰り」が多くなります。

up

6ジャンル別・よく利用するデパート

グラフ

洋服、ファッション小物は人気の高かった「プランタン銀座」「新宿伊勢丹」「池袋西武」が上位を占めています。コスメは「銀座三越」、レストランフロアは「新宿高島屋」、デパ地下は「銀座三越」がトップでした。

up

7ジャンル別・デパートで使っている月の平均額

グラフ

それぞれのジャンルごとに、デパートで月にいくらくらい使っているかを聞いてみたところ、上のような結果に。各ジャンルを合計すると、OLは月に4万5908円をデパートに落としているのです。

up

<まとめ>
  • OLが平日・休日ともによく出かけるエリアは銀座・新宿・渋谷・池袋。特に銀座は半数前後のOLが支持する街です。
  • 最も好きなデパートは、新宿伊勢丹がトップ。僅差でプランタン銀座が2位につけています。実際によく行くデパートでは、プランタン銀座が逆転して1位に。新宿伊勢丹は、2位の銀座三越に続いて3位でした。銀座によく行くOLたちにとっては、新宿よりも銀座の方がアクセスがよい、というのが理由のようです。
  • ショッピングに行くのは平日の会社帰りがスタンダード。年齢が高くなるほどこの傾向は強くなり、反対に若い人ほど休日のショッピングに力を入れています。
  • ジャンル別でよく利用するデパートは、ファッション系はプランタン銀座、新宿伊勢丹、池袋西武が強く、コスメは銀座三越と池袋西武。レストランはゆったりと広いレストランフロアを持つ新宿高島屋、デパ地下は銀座三越と大丸東京店に人気が集まりました。
  • OLがデパートで使う金額の月平均は4万5908円。お小遣いの大半をデパートで消費するOLたちにとって、デパートはアフター5になくてはならない友となっています。景気の冷え込みと若者離れが危惧されるデパート業界にとって、OLたちは逃すことのできない優良な顧客となっているようです。