vol.36

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

デトックス(毒素排出)に興味あり95.5%

雑誌やテレビでも特数され、注目を集めている「デトックス」。「解毒」や「浄化」という意味で、人間の体内にたまった重金属や、余分なミネラルなどを取り除く健康法だそう。
今回はそのデトックスについて調査してみました。デトックスに興味を持ったOLはなんと95.5%! 岩盤浴、ゲルマニウム温浴、断食、マッサージ、ヨガなど様々なことにチャレンジしています。今後の大ブームを予感させるデトックス、要チェックです。

設問

調査概要

  • 調査期間:2005年10月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:772人(不明・非該当を除いて集計)
  • 平均年齢:29.9歳


1デトックスに関する情報は何から得ているか

グラフ

頻繁に特集を行っている「ファッション雑誌」が4割を占め、情報源NO.1に。続く「テレビ」「情報雑誌」も重要な情報源になっています。「今回初めて知った」人は4人に1人。つまり、4人のうち3人は複数の情報源から熱心に情報を集めているのです。

up

2デトックスに興味があるか

グラフ

「ある」が95.5%とほとんどの人がデトックスに興味あり。今回初めて知った人もデトックスに関心を持ったようです。

up

3デトックスのために何かをしたことがあるか

グラフ

「ある」人は47.4%、「ない」人は52.6%で、ほぼ半々といったところ。半数の人はデトックスに関心を持ちながら、まだ行動に移していません。

up

4デトックスを行おうと思ったのは、体のどんな不調を治したいからか

グラフ

デトックスのために何かをやった人にのみ聞いてみました。体の不調は「疲れ」「むくみ」「肌荒れ」「肩こり」「冷え性」などが上位に挙げられています。

up

5デトックスのためにやったことがあるもの

グラフ

「サウナ・岩盤浴・ゲルマニウム温浴など」が7割を占め、他を大きく引き離してトップに。続いてリンパマッサージ・アロママッサージ・整体などの「マッサージ」、ミネラルウォーターやハーブティなどの「飲料」、ヨガ・ピラティスなどの「運動」、たまねぎ・玄米・コリアンダーなどの「食事」などが挙げられました。

up

6効果はあったか

グラフ

効果のほどを項目ごとに比較してみました。すぐに効果を実感できるのは「アロマテラピー」、「マッサージ」や「運動」「断食」など。効果が出るのに時間がかかるであろう「食事」や「サプリメント」「飲料」などは「よくわからない」が多くなっています。

  • 【断食】
    3日間。お水をたくさん飲んだ。そのほか栄養ドリンクを数本。便が全部出て、おなかがぺったんこになった。2日目の午前中はツライが、乗り越えると4日目もいけそうなくらい元気になって、体も軽くなり、とてもよかったです。 (28歳)
  • 【サウナ・岩盤浴・ゲルマニウム温浴など】
    ゲルマニウムは終わったあと、目がすっきりしたような感じがした。岩盤浴は、ゲルマニウムに比べるとよく汗が出ます。肌がしっとりしました。汗がベタベタしていないと思います。 (32歳)
  • 【マッサージ】
    アロママッサージでリンパの流れを良くするもの。むくみは取れるし、体内に溜まっていた老廃物が流れていく…という説明を受けてマッサージしてもらいましたが本当にそんな感じ! マッサージ後は気持ちいいのですが、思いのほか体がグッタリしました。 (30歳)
  • 【食事】
    品川にある、漢方料理のお店で毒素排出鍋を食べました。自然の食材を使用したものでしたが、体が温まり、次の日から体の調子(肌、便通など)がとてもよかったです。 (25歳)
  • 【飲料】
    毎日、毒出しジュース(ペパーミントティーにオリゴ糖とレモン汁としょうがをまぜたもの)を作って飲んでいます。便秘が解消して、肌がきれいになりました。 (27歳)
  • 【運動】
    ホットヨガを半年続けています。やはり思い切り水を飲んで、汗を出すというのは、身体の新陳代謝を促しているような気分で、毒素も出ている気がします。気分的に、水分が全部総取替えした感じで、体内が浄化されたような気がしてとてもすがすがしいです。 (29歳)
  • 【サプリメント】
    アルファリポ酸などのサプリメントを摂取しています。どの程度効果があるのかはわかりませんが、摂取したてのころ、なんだか尿がいつもと違う感じでした。その後普通になったので、もしかして毒素が排出されたのでは?と淡い期待を抱いています。 (29歳)
  • 【アロマテラピー】
    自分の好きな柑橘系の香りを使う事が多いです。精神的に落ち着くのでストレス解消に役立つしストレスが原因による暴飲暴食も減りました。 (29歳)
up


7どのくらいの期間やっているか

グラフ

「たまにやっているだけ」が5割強。連続して続ける、というよりも調子の悪いときにだけやる、というのが多数派のようです。ただ、継続派も健闘中。3ヶ月以上続けている人は15%を占めています。

7デトックスのために今後やってみたいもの

グラフ

「やったことがあるもの」と同じく、「サウナ・岩盤浴・ゲルマニウム温浴」がトップ。続いて「マッサージ」が58.6%、「運動」40.8%、「食事」37.7%でした。

up

<まとめ>
  • デトックスに関する情報源No.1は「ファッション雑誌」。4割の人が情報仕入先としてあげています。「テレビ」「情報雑誌」も重要な情報源です。4人に1人はデトックスを「今回初めて知った」人。すでに知っていた人は、複数の媒体から熱心に情報を集めています。
  • デトックスに興味がある人は95.5%。ただ、デトックスのために何かをしたことがあるのは47.4%と、興味を持ちつつもまだ行動に移さない人が半数を占めているのです。
  • デトックスで解決しようと思った体の不調は、「疲れ」「むくみ」「肌荒れ」「肩こり」「冷え性」など、“病気”とは言えないまでも気になる不調。疲れていても仕事をこなさなくてはならないOLたちには切実な悩みなのです。
  • 実際にデトックスのためにやっていることは、「サウナ・岩盤浴・ゲルマニウム温浴」など汗をたっぷりかく浴室モノがトップ。約7割を占めています。「マッサージ」「飲料」「運動」「食事」などはまだ少数派でした。
  • 効果があったと答えたのは6割強。3割の人は「よくわからない」と感じています。効果を実感できるのは「アロマテラピー」、「マッサージ」「運動」「断食」など。「食事」「サプリメント」「飲料」など、体内から改善するものは「よくわからない」が多くなっています。
  • デトックスのための行動は「たまにやっているだけ」の人が半数以上。継続している人は少数派でした。
  • 今後やってみたいものでも「サウナ・岩盤浴・ゲルマニウム温浴」がトップ。「マッサージ」「運動」「食事」「飲料」も3割以上の人が「やってみたい」と考えています。
  • 女性向け雑誌で、見ないことはないほど話題になっている「デトックス」。実際にやっている人はまだ半数ほどですが、ほとんどの人が関心を持っており、今後何かやってみたいと考えています。“癒し”ブームと同じく、“毒素排出”は今後大きなムーブメントとしてOLを牽引役に各世代に広がっていくのではないでしょうか。