vol.61

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

OLの好きなデパート・SCランキング

今年はデパートのリニューアル、新しい商業施設のオープンで話題に事欠かない賑やかな1年でしたね。特に丸の内・八重洲・有楽町・銀座界隈は、昨年と比べて人の流れが大きく変わったのを肌で感じることができます。毎年恒例、OLの好きなデパートランキングに、今回はSC(ショッピングセンター・ファッションビル・駅ビル)ランキングも発表! 既存の勢力図に、OLたちはどんな変更を加えたでしょうか!?

設問

調査概要

  • 調査期間:2007年11月
  • 調査方法:シティリビング公式サイト 「Citywave」上にアンケートページを掲出
  • 集計数:※1…ショッピングアンケート「デパート編」673人 ※2…「SC編」560人(不明・非該当を除いて集計)
  • 平均年齢:※1…31.4歳  ※2…31.2歳

1平日よく行く街

グラフ

昨年のランキングと変わらず、銀座がトップ。やはり銀座はOLからの絶大な人気を得ています。2位の新宿、3位の東京(丸の内)は変わっていませんが、昨年4位の渋谷と6位だった東京(八重洲)がチェンジ。大丸の新店オープンなどで、注目度がアップしているようです。

up

2月に何回くらいデパートに行くか

グラフ

「3〜4回」が約3割とボリュームゾーン。ただ、月に10回以上デパートに行っている人も2割を占め、平均は5.8回でした。

up

3最も好きなデパートとその理由

グラフ

昨年と変わらず「新宿伊勢丹」がトップ。相変わらずの人気の高さを誇っています。実際によく行くデパートは、「プランタン銀座」がトップ。「銀座三越」「松屋銀座」「有楽町西武」など銀座有楽町エリアのランキングが上がっています。「新宿伊勢丹」は3位でした。

【新宿伊勢丹】

  • 家から近いことと、どのデパートよりも新しい物を取り入れるのが早いことが魅力。センスが良いので安心して購入できるし、アフターケアも丁寧で嫌な思いをしたことがない。(31歳)
  • 好きな洋服のブランドが幾つも入っているし、売り場面積も広いので品揃えが良い。流行が分かるし、テレビや雑誌に騒がれている有名なお菓子のお店も入っていたりして楽しいし、友人や会社の同僚との話題にもなるから。(28歳)

【プランタン銀座】

  • やっぱりOLのデパートというか、OL世代が今どんなものを欲しがっているかを熟知している気がする。(32歳)
  • 他のデパートとはちょっと違うステータスみたいなものを感じるから。あと地下のスイーツが豊富になったから。(30歳)

【銀座三越】

  • 会社帰りに寄りやすい。ファッションやデパ地下が充実していて流行のものをチェックしやすいし、贈り物選びもしやすい。(38歳)
  • 品揃えが豊富で、催事場でのバーゲンセールなどは魅力的。立地条件も良く、待ち合わせのスポットにもよく使用するから。(30歳)

【池袋西武】

  • 洋服の好きなブランドが多くあり、また、クラブオンゴールドカードで駐車場代が2時間無料のため(30歳)
  • 昔からよく行っていたので、勝手がわかるから。駅から雨が降っていても濡れずに行ける。(31歳)

【新宿高島屋】

  • 広くて天井も高く、開放感がある。本屋も近いし、HMVや映画館、ハンズもある。バッグの品揃えが好き。(33歳)
  • 今年、全面的に店内改装をして、とてもセンスが良くなり、ウィンドウショッピングが楽しいからです。接客対応も一流だと思います。(35歳)
up

4最も好きなSCとその理由

グラフ

1位は毎年不動の地位を守っている「ルミネ新宿」。2位以下を大きく引き離し、SCではダントツの人気です。2位と4位には今年オープンした新商業施設「有楽町イトシア」「新丸ビル」の2つがランクイン。新しさとクリスピー・クリーム・ドーナツで人気を集めている有楽町イトシアと比べ、新丸ビルはそのコンセプトがしっかりと伝わっているようです。ただ、丸ビルとのすみわけが難しかったのか、昨年の丸ビル人気が2分されたような結果に。
実際によく行くSCでは「西銀座デパート」「銀座インズ」が上位にランクインしています。

【ルミネ新宿】

  • 駅のそばで買い物がしやすく、勝手が分かっているので必要なものをスグに購入することができます。友人との待ち合わせにも最適で、そのまま一緒にお買い物をすることもよくあります。飲食店も備わっているので、お買い物のあとにそのままお茶をしたりと電車の時間を気にせずに、ゆっくり過ごせるところが大きいです。(27歳)
  • 好きなショップ「ユナイテッドアローズ」があるし、アパレル全般的に自分の好みの店が多いから。且つ、ルミネカードを持っていて買い物しやすい(年会費もかからないし、いつでも5%オフ、10%オフの期間もあり、カード特典が充実している)(26歳)

【有楽町イトシア】

  • 高級感があり、品揃えが豊富で、新作のスイーツもあるから。(26歳)
  • 好きというより、まだ探検中なので、面白みがある、興味があるといったほうが正しいかもしれません。(27歳)

【丸ビル】

  • 好きなお店がたくさん入っているし優雅な気分になれる。夜景も綺麗だし待ち合わせするのにもちょうどいい。(32歳)
  • 帰りにしょっちゅう寄っていて駅からも近いし、ビル内も明るく綺麗でお気に入りのショップも入っているからです。全く飽きないで半日くらいはいられます!!(31歳)

【新丸ビル】

  • 新しくてキレイな上に雰囲気も大人っぽくて、いるだけで落ち着きます。洋服から生活雑貨まで品揃えがよく、飲食店もテラスなどがあり買い物、食事ともに充実していると思います。(32歳)
  • 好きな雑貨屋さんがそろっていて、質のいいものが多い。実用的で質のよいものが好きです。そして、ビル全体の雰囲気が落ち着いていて、天井も高くて、疲れないところも好きです。(29歳)

【西銀座デパート】

  • 品物も豊富で、松屋も提携していてポイントも貯まるから。(28歳)
  • PJが入っている。年に何回か20%オフセールをよくやっている。会社から行きやすい。(33歳)
up

5ジャンル別 よく購入するデパートランキング

グラフ

ファッション、靴・バッグは「プランタン銀座」と「新宿伊勢丹」の2店が競り合っていますが、プランタンの方に軍配が上がりました。コスメは「新宿伊勢丹」が首位。デパ地下は「銀座三越」がトップでした。

up

6ジャンル別 よく購入するSCランキング

グラフ

洋服、靴やバッグ、コスメの3ジャンルは全て「ルミネ新宿」がトップ。レストランフロアでも「ルミネ新宿」は2位とSCランキングの上位を制覇しています。「丸ビル」はレストランフロアで首位、洋服などファッションで2位を獲得しました。コスメでは「オペーク」が2位に浮上しています。

up

7ジャンル別 デパートで購入する平均金額(利用者平均)

グラフ

デパートでは4ジャンル合計で5万1132円を使っています。SCでもほとんど同額で、5万1281円。OLの旺盛な消費欲が確認できます。

up
<まとめ>
  • 「OLが好きな街は銀座」という定説は今年も覆ることなく安定した人気。特に今年はオープンラッシュで銀座・有楽町から目が話せない、というOLも多かったようです。
  • 好きなデパートのランキングは、今年も王者・新宿伊勢丹がトップにつけ、2位以下を大きく引き離しています。「好きな理由」コメントでも新宿伊勢丹への熱いラブコールが多くつづられており、ファンをひきつけて離さない強さを見せ付けました。
  • 好きなSCランキングはこちらも新宿ルミネが今年もトップ。ルミネカードでの割引率や駅からのアクセスのよさは他の追従を許さないほどの人気です。2位に有楽町イトシア、4位に新丸ビルが入ったものの、新しさから来る人気をどこまで本当のファンに育てられるか、がんばってほしいものです。
  • OLがデパートに行く頻度は月に5.8回、週に1回以上はデパートを訪れています。購入するジャンルによってお店を使い分けており、月に使う金額の合計は約5万円。お気に入りのお店と新しいお店、どちらもチェックしながらショッピングを楽しんでいます。
  • 平日によく行く街は銀座なのに、「最も好き」な店は新宿伊勢丹という現象がこの数年続いています。実際によく行く店よりも「好き」と言わせる新宿伊勢丹。OLランキングの王者に君臨しているその強さを、来年は覆す店が出てくるでしょうか? また、新店続々登場で戦国時代となっているSCも、来年の動向が楽しみですね。