vol.83

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

今、OLが求めるケータイコンテンツとは?携帯電話のコンテンツやサービスの利用状況を調査!

設問

調査概要

  • 調査期間:2009年9月
  • 調査方法:シティリビング公式サイト 「Citywave」上にアンケートページを掲出
  • 集計数:417人 (不明・非該当を除いて集計)
  • 平均年齢:33.6歳
  • 勤務形態:正社員(一般職)48.2% 正社員(総合職)26.9% 派遣社員16.3% 契約・嘱託4.8% 公務員0.2%  パート・アルバイト3.6%

1利用している携帯キャリア

グラフ

NTTdocomoユーザーが54.5%と半数を超えています。次いでau22.2%、SoftBank19.9%の順となりました。全体のシェア(※1)では50%を切っているドコモですが、OL層のシェアは高めとなっています。
※1:社団法人電気通信事業者協会発表データによる

up

2パケット定額制への加入有無

グラフ

通信料定額プランへの加入は60.7%と6割を超えています。多くのOLが携帯でネットを自由に楽しめる環境にあることが分かります。

up

3登録しているコンテンツ・サイト数

グラフ
グラフ

登録コンテンツ・サイト数(マイメニュー、お気に入りリスト、My SoftBank等へのサイトの登録)を訊ねたところ、「登録していない」人が最も多く40.3%でした。登録している人では「1〜5件」が36.2%で最多、6件以上の人は23.6%でした。パケット定額制の利用別に見ると、当然ながら加入者で件数は多くなり、非加入者では6割が登録をしていませんでした。

up

4登録しているコンテンツ・サイト

グラフ
グラフ

登録しているサイトを訊ねると、やはり便利な「交通案内・地図」が60.6%でTOP。次いで「グルメ」35.7%「着メロ・着うた」29.3%、「天気予報」28.9%という結果に。 年代別で見ると、20代は「グルメ」「着メロ・うた」「ゲーム」「レジャー」が多く「新聞・ニュース」「映画」が少ない傾向に。30〜34歳は「新聞・ニュース」が多く、35歳以上では「着メロ・うた」が少なく「旅行」「映画」が多い結果になりました。

up

5オススメのコンテンツ・サイトとその理由(FA)

グラフ

フリーアンサーでオススメのコンテンンツ・サイトを訊ねると、1位はQ4の「登録しているコンテンツ・サイト」でもTOPだった乗換案内系。2位はQ4では下位に登場していた天気予報。次いでクーポン発行などの便利系サイトが続きます。 オススメ理由のFAで多く挙げられたキーワードも、「便利」「検索(しやすい)」「クーポン」「得」「無料」「ポイント」等で、「利便性」「使いやすさ」「お得感」が支持を集めるサイトにはあります。それ以外では読み物として「面白い」「楽しい」サイトが人気のようです。

オススメコンテンツ・サイトとその理由FA

  • 「俺家計簿携帯版」 サクッと素早く家計簿を付けられる上、PCで銀行資産やクレジットカードの登録も出来て、自分の全財産を管理でき、いつでも把握できるから。(32歳・未婚)
  • 「高速を利用したときの料金検索」 ETC一律1000円が適用されていないところがあるから。(30歳・未婚)
  • 「オトクーポン」 すかいらーくグループで飲食するときにクーポンを使っておとくに食べられるから。(28歳・未婚)
  • 「味の素」 味の素は「食材別簡単レシピ」で冷蔵庫に入っている食材で何が作れるか調べるのに利用しているが、かかる時間なども教えてくれるので便利。(34歳・既婚)
  • 「Around me(iPhone)」 今居る場所の近くのグルメスポットや銀行など、すぐに調べることができて便利です。(29歳・既婚)
  • 「greeのクリノッペ」 greeのクリノッペは、たまごっち感覚でした。「ペットを飼う感覚」というのは、やはり面白いと思います。(28歳・未婚)
  • 「毒舌太郎恋愛大学」 恋愛の悩みに対する回答が面白いしためになるから。他の人の悩みに対する回答なのに、あまりにも良回答だなあと思って涙が出たことがある。(28歳・未婚)
  • 「間寛平のブログ」 アースマラソンの状況が事細かに分かるのが楽しい(32歳・未婚)
  • 「モバゲー」 素人さんが書いている小説が読めるのだが、素人とは思えないほど面白い小説がたくさんあるため、これが無料で利用できるのはすごくお得!って思うため。それに、電車の中でいい暇つぶしになるため。(29歳・既婚)
up

6携帯電話のサービスに関する要望(FA)

グラフ

最も多い意見は、通話料金・パケット代やコンテンツ登録料、端末代等を「安くして欲しい」というものでした。また、「パケット代」がいくらかかるか分からないので事前に料金が分かればよい、という意見も複数見受けられました。 携帯サービスではないのですが、機能が多すぎるので「シンプル」な機能の端末や、自分が必要な機能だけをセレクトできる「カスタマイズ」端末、余計な機能はいらないから「小さくてかわいい」端末が欲しい、という意見も目立ちました。

携帯電話のサービスに関する要望FA

  • パケット代を安くしてほしい。定額サービスを利用するほどは使わないが、いざ使おうという時料金が気になりやっぱり使わないようにしようとなってしまうから。(32歳・既婚)
  • パケット代が高い。もっと安くなれば気軽に使えると思う。今は高いので携帯ではネットサーフィンはせずに パソコンを開けます。(36歳・未婚)
  • パケット通信料が分かりにくいので、サイトを開く前に「このサイトは○○バイトです。開けますか?」の確認ページを出して欲しい。今は請求額が増えるのが怖くて利用しないようにしています。(35歳・未婚)
  • 通話料だけでなくパッケト利用料もダイレクトにわかるようにしてほしい(37歳・未婚)
  • 形や機能を好きに組み合わせてカスタマイズできるようになるといい。(27歳・未婚)
  • 好みのプログラムを入れられるオーダーメイド携帯だったらいいな。(29歳・未婚)
  • 機能が少なくて、小型のおしゃれな携帯があればいいと思います。(31歳・既婚)
  • コンテンツあり過ぎ。使いこなせないのが現状。(30歳・未婚)
  • 「無料」とうたっていても、より良いサービスを受ける為には有料サービスを使う必要があるものが多いと思います。確かに、商業目的としてはその為の無料サービスなのでしょうが、ちょっと詐欺っぽいですね。(28歳・未婚)
  • GPS機能をもっと駆使した形のサービスがあるといいお店に入ったら自動的にクーポンが表示される、とか。(37歳・既婚)
  • とにかく、長期契約者に対するサービスをもっと充実させて欲しいです。新規加入時に長期契約を前提としたサービスはいろいろあるけれど、実際に使い始めた人にはその後魅力的な優遇サービスがほとんどないような気がする。「釣った魚にえさは…」ということなのか?  (27歳・未婚)
  • iモードのスピードがもっと速くなれば助かる。(28歳・未婚)
  • 携帯電話機に紫外線量がわかるサインがあると良いと思う。(33歳・既婚)
  • バイブレータの強弱の種類が豊富だと良いと思う。(31歳・未婚)
  • 保険証等の身分証明になればいいなと思う。(32歳・未婚)
up
<まとめ>
  • NTTdocomoユーザーが54.5%と半数を超えています。次いでau22.2%、SoftBank19.9%の順となりました。全体のシェア(※1)では50%を切っているドコモですが、OL層のシェアは高めとなっています。※1:社団法人電気通信事業者協会発表データによる
  • 通信料定額プランへの加入は60.7%と6割を超えています。
  • 登録コンテンツ・サイト数は「登録していない」人が最も多く40.3%。次いで「1〜5件」が36.2%。当然ながら加入者で件数は多くなり、非加入者では6割が登録をしていませんでした。
  • 登録サイトは、「交通案内・地図」が最も多く60.6%。次いで「グルメ」35.7%「着メロ・うた」29.3%と続きます。また、年代によって登録サイトにも差がみられました。
  • オススメサイトをフリーアンサーで聞くと、乗換案内やお天気といった情報系が上位に。次いでクーポンサイトなどのお得情報が得られるサイトが多く見られます。オススメ理由は「便利」「検索(しやすい)」「クーポン」「得」「無料」「ポイント」等のキーワードが多く挙げられ、「利便性」「使いやすさ」「お得感」が支持を集めるサイトにはあります。
  • 携帯サービスに関する意見として最も多いのは、通話料金・パケット代やコンテンツ登録料、端末代等を「安くして欲しい」というものでした。また、「パケット代」がいくらかかるか分からないので事前に料金が分かればよい、という意見も複数見受けられました。サービス以外では、「シンプル」な機能の端末、必要な機能だけをセレクトできる「カスタマイズ」端末、「小さくてかわいい」端末が欲しい、という意見も目立ちました。
  • 通信料や登録料等お金にはシビアな面をみせるOL。また、昼間は会社のPCが使える人が殆どなので、パケット料金がかかる携帯コンテンツを使わせるためには、携帯しか使えないシーンで、できればパケット代の目安が分かり「利便性」「使いやすさ」「お得感」が提供できるコンテンツを用意することが必要です。また、現状の携帯周りの機能・サービスは、OLにとってオーバースペックであることが多そう。実は今こそ「シンプル」なサービス・コンテンツが求められているのかもしれません。