vol.88

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

勝負下着を持っている人は約4割。Tバックの所有率は?? OLの下着に関する調査

設問

調査概要

  • 調査期間:2010年2月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:415人(不明・非該当のぞく)
  • 平均年齢:33.0歳
  • 勤務形態:正社員(総合職)…24.3% 正社員(一般職)・・・44.3% 派遣・・・19.8% 契約嘱託・・・6.0% パート・・・5.5%

1勝負下着、セクシー下着を持っていますか

グラフ

「勝負下着を持っている」と答えたのは42.9%。勝負という言葉の捉え方はぞれぞれでも、「この下着でイケる!」という、ここぞの下着を持っている人は半数以下。多いと見るか少ないと見るか。あなたはどう思いましたか?

グラフ

セクシー下着の所有については、「自分で購入したことがある」29.9%、「プレゼントされたことがある」13.0%、「持っていない」57.1%。結婚プレゼントや誕生日プレゼント、歓送迎会のプレゼントなどで本人が買わないようなセクシー下着を贈ることがありますが、あげる側がいれば貰う側もいるわけで…13.0%がプレゼントされた人たち。OL層は、まだまだ保守的な女性が多いようです。

up

2その日着るインナーはどうやって選んでいますか

  • その日の気分、誰と会うかで決める。(25歳・未婚)
  • 気分。あとは仕事に行く時と、休日に出かけるときと違う。休日の時の方が気合が入る(28歳・未婚)
  • 洋服に透けるか?透けないか?彼に会うか?会わないか?(28歳・未婚)
  • 気分や、その日のラッキーカラー。(28歳・既婚)
  • 前の日、着る服と一緒に下着も色とデザインをコーディネートし、事前に用意してから寝る。(29歳・未婚)
  • 大体は気分で選びます。あとデコルテの出る服を着る時は、ボリュームUP効果の強いのを選びます。(31歳・未婚)
  • アウターにあわせて、シルエットが出やすい服の時は影響の少ないものを選び、出にくい服の時はインナーのデザインを優先する。(38歳・既婚)

基本的にはアウターに合わせて、透けないもの、響かないものを選ぶ人が目立ちます。占いやラッキーカラーを決め手に挙げる人も多くいます。

up

3ブラジャーは何枚持っていますか?

グラフ

全体の平均枚数は12.3枚。年代別では、20代は平均枚数が少ないものの1〜7枚が40%以上おり、平均枚数が最も多いのは、35〜39歳で13.1枚です。

up

4Tバックやボクサーショーツは何枚持っていますか?

Tバックショーツの枚数

グラフ

Tバックショーツを持っている人は全体では42.4%と半分以下。しかし、30〜34歳は51.2%と過半数が持っています。所有者全体の枚数は4.5枚。年代別では20代が最も多く、5.6枚です。

ボクサーショーツの枚数

グラフ

ボクサーショーツを持っている人は58.3%と半数以上。 所有者全体の平均は4.3枚。30〜34歳は、持っている人も所有枚数最も多く、平均4.8枚。

up

5理想のバストを持つ有名人は?

グラフ
up

6理想のカップは?

グラフ

理想のカップは、Cカップがダントツ1位。2位はDカップ。(1位と2位で全体の71.6%) 大きすぎず小さすぎずというカップを理想に挙げています。

up

7インナーに関するこだわりは?

  • 洋服ではあまり買わないピンクが多い。下着だから結構ハデなものでも買ってしまう。(25歳・未婚)
  • 選んでいるうちはレースやかわいいものに惹かれるが、結局シンプルなデザインのものでベージュを選ぶことが多い(27歳・未婚)
  • セット購入していなくても、ブラとショーツの色あわせは気をつける。(28歳・既婚)
  • 絶対に上下セットで買う!(28歳・既婚)
  • 自分の肌が綺麗に見える色を選ぶ。清純そうとか純情そうとか男性にモテるからといって、ムリして買わない。(29歳・未婚)
  • 仕事で大事なプレゼンなどのときは、豹柄!(33歳・既婚)
up

8ブラジャーのお手入れ方法は?

グラフ

洗濯機で洗う人が78.1%と大多数。意外と手洗い派が少ない結果に。

up

9ブラジャーの捨て時はいつですか?

グラフ
  • サイズがあわなくなったとき、新しいものを買ったら買った数だけ捨てる。(25歳・未婚)
  • 汚くなった時、心機一転したい時(26歳・未婚)
  • 自然とあまり着けなくなったとき。(28歳・既婚)
  • パンツとセットで購入するのでパンツがぼろぼろになったとき(29歳・未婚)
up

10好きなインナーブランドはどこですか?

グラフ

1位のワコール、2位のトリンプがダントツ人気。下位と大差をつけました。

up
<まとめ>
  • 勝負下着を持っていると答えた人は全体の約4割。“ここぞ”の下着を持っている人は半数未満でした。セクシー下着を持っていると答えた人は42.9%。うち、自分で購入した人は29.9%、プレゼントされた人は13.0%。プレゼント率の低さから、ちょっぴり大胆なステキ下着を贈る習慣が普及(一般化)するとセクシー女性が増える余地が沢山残されていると思われます。
  • その日着るインナー選びについては、「アウターに合わせて響かないものを」という意見が大多数。次いで「気分」や「ラッキーカラー」、「その日会う人によって選ぶ」という意見が目立ちます。
  • ブラジャーの所有枚数、平均12.3枚。平均枚数が最も多いのは35〜39歳で13.1枚。年代が上がるほど、持っているブラジャーの枚数が増えています。また、Tバックショーツよりもボクサーショーツを所有している人の方が多いという結果に。所有している人の一人当たりの平均は、それぞれ約4枚。Tバックは20代が最も多く平均5.6枚。年代が上がるほど所有者数が少なくなる傾向が見られます。ボクサーショーツは、30〜34歳が最も多く平均4.8枚でした。近頃では、下着専門店以外の量販店や通販でも多く取り扱われているボクサーショーツ。ボーイッシュなイメージと、包み込む履き心地が人気のようです。Tバックよりもボクサーショーツの方が所有率が高いのは、イメージ的に手に取りやすい、試しやすさや購入のしやすさにあるかもしれません。
  • 理想のバストを持つ有名人は、藤原紀香が1位。次いでほしのあき、米倉涼子と続きます。バストのみならず、全体的なスタイルのよさが印象的な3人です。理想のカップを尋ねると、1位はCカップ。理想のバストを持つ有名人では豊かな胸の人が挙がっていますが、自分のことになると理想も変わって、ファッション選びに響かない現実的なサイズの支持が高いようです。
  • インナーに対するこだわりで目立ったのは、「派手なものや、かわいいものを購入したいが、アウターに響くことを考えると結局地味なものになる」という意見。色のこだわりでは、白・ピンクといったかわいらしいイメージのものと、引き締まって見えるという意見が目立った黒が人気のようでした。ブラジャーの捨て時は、「壊れたら」という人から「1年くらいで替える」という人までさまざま。その中でも目立ったのは「捨て時がわからない」というもの。自分の中でルールがある人の方が、少数派といえそうです。
  • 働く女子の下着事情は、個人差が大きくあることが分かります。買い替えもメンテナンスもこだわる人はこだわる、こだわらない人はこだわらない。下着に関する知識や常識を得る機会は少なく、購入の際に店員に尋ねるなどしない限り上辺での理解に留まりがちです。昨今ではダイエットネタとしても下着が注目されており、「姿勢」が美しいスタイル作りのキーポイントであるといいます。それに伴って正しい下着のつけ方がスタイルに影響するという情報もメジャーになってきました。下着が注目を浴びている今こそ、ここに注目したマーケットの可能性が見えてきそうです。