vol.108

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

「1位●●、2位ストレッチ、3位ヨガ・ピラティス。OLが最近1年以内に行った運動は?」 OLの運動・スポーツに関する意識、行動徹底調査

設問

調査概要

  • 調査期間:2011年10月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:1040人(不明・非該当のぞく)
  • 平均年齢:37.8歳
  • 勤務形態:正社員(総合職)…25.0% 正社員(一般職)・・・51.5% 派遣・・・14.2% 契約嘱託・・・7.9%
  • 暮らし方: 独身(一人暮らし)…28.8%  独身(親と同居)…32.2%   独身(彼と同棲)…2.4% 夫婦二人…20.7%  夫婦と子供…9.3%

1あなたは運動・スポーツが好きですか

(n=1040)

グラフ

半数以上のOLが運動・スポーツに関して「好き、どちらかというと好き」と回答しておりOLと運動・スポーツの親和性の高さが伺える結果となりました。
ただ、運動・スポーツが「どちらかというと好きではない・嫌い」という層が25%以上もいるという対照的なデータ結果もでました。

up

2最近1年以内に行った運動・スポーツについて教えてください(複数回答可)

(n=1040)

グラフ

上記選択した運動・スポーツを始めたきっかけを教えてください(複数回答可)

(n=1040)

グラフ

最近1年以内に行った運動・スポーツのベスト3は「ウォーキング」「ストレッチ」「ヨガ・ピラティス」などOLにとってすぐに始められる運動、スポーツという結果となりました。またジョギング・ランニングや山登り、ハイキング、ゴルフ、サイクリング等、近年ブームな運動、スポーツも上位にランキングされました。運動・スポーツを始めたきっかけとしては、やはり「健康のため」という声が多く、次いで女性にとって切実な「ダイエット」という結果となりました。

上記選択した運動・スポーツをするにあたり、何か購入しましたか

(n=1040)

グラフ

上記選択した運動・スポーツをするにあたり、1年以内に購入したものを教えてください(複数回答可能)

(n=1040)

グラフ

運動・スポーツをしているOLにおいては70%弱の方が運動・スポーツのため何らかのモノを購入したと回答しており、運動・スポーツをするということは必要性で購入するだけにとどまらず、消費意欲を強く刺激すると思われます。また、購入したモノとしては、ウエアが最も多く、次いでシューズ、道具や本などの回答となりました。自由回答ではDVDを購入したとの声も多く、部屋でできる運動・スポーツが盛んであることが伺える結果となりました。

上記選択した運動・スポーツをするにあたり、1年以内に購入したモノのは合計すると、いくらぐらいですか?

(n=484)

グラフ

運動・スポーツに関する消費では1万円前後の回答が最も多く、まずは費用のかからない身近なところで運動・スポーツを始めていることが伺える結果となりました。ただ、お金をあまりかけない層とは対照的に、3万円以上消費している道具や用具にお金をかけている層も30%弱いることも浮かび上がりました。

up

3定期的(1ヶ月に数回程度以上)にスポーツジムに行っていますか?

(n=1040)

グラフ

スポーツジムに定期的にいっているOLは約15%とかなり多く、また約60%がなんらかでスポーツジムに行っている結果となり、OLとスポーツジムの親和性が高い結果となりました。

up

4彼や夫と一緒に運動・スポーツをしてみたいですか?

(n=1040)

グラフ

彼や夫と一緒に運動・スポーツをしているOLと、今後、一緒に運動・スポーツをしてみたいと思っているOLをあわせると、約70%のOLが彼や夫と一緒にスポーツをしたいと思っていることが伺える結果となりました。運動・スポーツの目的が「健康・ダイエット」という声が多い中、そんな「健康・ダイエット」も彼や夫と楽しく行いたい、というOLの本音が垣間見える結果となりました。

up

5実際に球場や競技場等に足を運び、スポーツ観戦をすることが好きですか (プロや社会人競技)

(n=1040)

グラフ

最近1年以内に実際に球場や競技場等に足を運び、スポーツ観戦しましたか? (プロや社会人競技)

(n=1040)

グラフ

最近1年以内に実際に球場や競技場等に足を運び、観戦したスポーツを教えてください (複数回答可)

(n=1040)

グラフ

約50%のOLが球場や競技場に実際に足を運んでスポーツ観戦することが好きと回答しており、1年以内に競技場等でスポーツ観戦をしたと回答したOLは約40%もおり、スポーツのもつエンターテイメント性の高さが伺える結果となりました。また、観戦した競技としてはやはり、野球、サッカーが圧倒的に多い結果となりました

up

6運動・スポーツに関してのエピソードやご意見、続かない理由など教えてください

  • スポーツはするのも見るのも好きです。今はジムの会員になっていて週に2日は筋トレやランニング、ヨガなど行っています。体にも良いし、仕事の後の気分転換にもなり一石二鳥です(36歳既婚)
  • 通っているヨガスタジオが現在電車を乗り継いで行くところにあるため、最寄駅にあると行きやすい(33歳既婚)
  • スポーツジムに通いつめてたら、ジム友が彼氏になりました!!!(31歳未婚)
  • ダイエット目的でスポーツジムに通い始めたものの、平日仕事帰りにジムに行く前に、疲れた体を癒すべく甘いものを食べてしまいがちで、なかなか痩せられないです(35歳未婚)
  • スポーツをいろいろやっているがすべてゴルフの良いスイングの為の基礎体力作りにやっている。ピラティスを1年ぐらい続けているが、ここ4〜5か月で体が変わってきたように感じる(37歳未婚)
  • 今年から彼に誘われて登山を始めました。体力的にきついことも多々ありますが、ファッションを楽しむことも魅力です。先日はfacebookで連絡をとりつつ、高校時代の同級生女子3人でも登山に行ってきました(36歳未婚)
  • 飲みに行くより、体を動かしたい!と思うようになった。同じ位の金額を出すなら、運動の方が心にも体にも数倍良い。いろんな職業の人と知り合え、刺激をもらうことも出来る。仕事も早く終らせたいから集中する!?ただ、あるスポーツにはまりすぎて会話がオタクになってしまい、会社の人やそのスポーツをしていない人との話題に困る時も(33歳既婚)
  • 残業が続くと、仕事帰りに寄ることができないし、休日は家事に追われ、時間が作れない。やはり、規則正しく、仕事の負担が重すぎなければ続くと思います(33歳既婚)
  • 子供が寝ている早朝4時に起きて10キロ走っています。体重20キロ減量しました。今では走らないとスッキリしないくらい習慣になりましたが、学生時代のわたしは大の運動嫌い。あのころの自分に今の自分をみせてあげたいです(27歳既婚)
  • スポーツジムは、目標にしたい体系の人がいるので、刺激になる(28歳未婚)
  • みんなでスポーツすることは仲が深まったり、壁が無くなって一層仲良くなったりするので、とても大切だと思う。社会人になった今でもいろんな人と交流があり、人生の幅が広がっているように感じる(22歳未婚)
  • ランニングをずっとやりたいと思っていたが走るのが嫌いで、どうしても始められなかったけど、以前、スポーツシムの主催で、そこの会員でなくて参加できる企画があり、金額も手ごろなうえに、一緒に走りながらアドバイスをもらえて、また参加者の多くが那覇マラソンに出ると言うので私も勢いで走ってしまった。一人では絶対に出来なかったことだし、いい思い出になった(38歳未婚)
  • 数年前、スポーツをするために、ジャージなどを購入したが、一度も使わないまま捨ててしまった。今は普段着でウォーキングをしている。形から入らずに、まずは買い物がてら、散歩がてら、何かのついでにやることが自分に合っていて続くみたい(31歳既婚)
  • ジムへ毎週通おうと思っていたけれど、残業や見たいドラマなどの誘惑に負けて、土日は友達と遊びに行ったりと、なかなか続きませんでした。今は、会社の同僚と毎週水曜日の定時後に皇居マラソンをするようになり、継続出来ています。一緒に頑張れる仲間が居ると、誘惑に負けず続けられると思います。そして、目標を作るために、1年に1回はマラソン大会にエントリーしています(30歳未婚)
up
<まとめ>

 今回の調査ではランニングや山ガール、サイクリング、ヨガ・ピラティス、ゴルフなどのブームが実際にどの程度OLに浸透しているか、ブームが継続しているかを検証いたしました。その結果、「ウォーキング」「ストレッチ」「ヨガ・ピラティス」の実施状況はかなり高いことがわかりました。また継続的に運動・スポーツを続けるためには「彼や夫、仲間と一緒にやること」との声が多く、コミュニケーションを軸としたマーケティングが運動・スポーツを継続的に行う層の裾野を広げることにつながると思われます。またスポーツ観戦においても、「億劫」という声もありましたが、「実際に観戦しにいくと楽しい」との声も多く、ここでも「誰かと一緒に行くきっかけ」があれば、スポーツ観戦人口が増えると思われる結果となりました。