vol.113

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

女性らしく見られるために何をしているか?女子と呼ばれること、女性でいることの損・得に関する意識調査

設問

調査概要

  • 調査期間:2012年3月
  • 調査方法:シティリビングホームページ 「Citywave」メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:953人(不明・非該当のぞく)
  • 平均年齢:38.2歳
  • 勤務形態:正社員(総合職)…23.5% 正社員(一般職)…50.8% 契約・嘱託社員…8.6% 派遣社員 16.1%
  • 暮らし方: 独身(親と同居)…30.6% 独身(一人暮らし)…30.8% 独身(彼と同棲)…2.4% 夫婦二人…19.5% 夫婦と子供…11.1%

1あなた自身を形容される時に「●●さん(あなたの名前)って女性らしいですね」といわれる場合、どう思いますか?

同姓(女性)から言われる場合

(n=953)

グラフ

男性から言われる場合

(n=953)

グラフ
up

2生活する上で、女性らしく見られることを意識していますか?

会社での生活で

(n=953)

グラフ

プライベートで

(n=953)

グラフ

【女性らしくみられることを意識している】

  • 会社は男性が多いので、スカート(ワンピース)を多くしています。プライベートでは、気が利く人でいるために、常に周りの事を気にするようにしています(34歳独身)
  • エレベーターは先に入って、皆が出てから降りるなど、さりげないことでも、思いやりをもつようにしている(32歳独身)
  • 親の教育なのか、女性は女らしくふるまうのが当たり前と思っています。色々な場所で、キチンと脚を閉じて座っていない人、言葉使いがなっていない人など、所作が美しくない女性を見るとハラハラしてしまいます(37歳独身)
  • 気になる男性と会う時や初対面の人との食事会等ではワンピースを着ます。また普段からローズの香りのするボディローションを使い、嫌味なく且つ女性らしい香り出すように心がけています(32歳独身)
  • 主人にはいつまでも女性として見てもらいたいので家でのみだしなみや主人と一緒に出掛ける時の格好にも気を配っている(37歳既婚)

【女性らしくみられることを意識していない】

  • 会社では、性別は関係ないと思うので自分の女性的な部分は意識して出すことはない。しかし、仕事外では最低限の女性としてのたしなみ?気遣い?は必要だと思うので、そういう面は忘れずにいようとは思う(38歳独身)
  • 会社では気が抜けているので、あまり気にしていない。プライベートでは、彼氏などと会う時には、かなり意識してフェミニンな格好や言葉遣いにする(27歳独身)
  • いくら女らしさを意識しても、そもそもアネゴキャラなので、男らしいとか言われてしまいがち。最近はもはや諦めてきた(32歳独身)
  • 酒呑みだしおやじキャラだし下ネタにも付き合うし。女性らしくと心がけていることはない。ただ、行動やしぐさで女性らしいと言われればうれしい(35歳独身)

女性らしく見られるためにしていることは何ですか

(n=709)※複数回答可

グラフ

女性らしい芸能人、タレント、有名人と言えば誰ですか

(n=513)

1 井川遥さん
2 吉永小百合さん
3 松嶋菜々子さん
4 黒木瞳さん
5 綾瀬はるかさん
6 藤原紀香さん
7 壇れいさん
8 鈴木京香さん
9 杉本彩さん
10 松下奈緒さん
up

3男性からの評判(男ウケ)を意識して、立居振る舞いすることがありますか?

(n=953)

グラフ
up

4女子会や女子力などで使用される「女子」ということばについて教えてください

(n=953)

グラフ

【女子ということばに好意的】

  • 「女を楽しもう」という前向きな感じがして好き(34歳独身)
  • 消費を牽引するのは女性なので、そうしたムーブメントの代名詞としての「女子」は今以上に広がればよいと思う(30歳独身)
  • エネルギッシュな印象があるから!(33歳独身)
  • 「女」「女性」「女の人」より言いやすいし、嫌味でないのでいい思う(32歳独身)
  • 年齢を重ねても若々しさやかわいらしさを持っていたいという意味であえて女子という言葉を使うのはありだと思う。(38歳独身)
  • 女性というよりカジュアルな感じがして、使いやすい(32歳独身)

【女子ということばに否定的】

  • 女子が許されるのはイメージ的に20代前半まで。幼さを感じるし、女子という表現が学生っぽくてしっくり来ない(31歳独身)
  • 若い女性に対して使うのはいいと思うが、いい年した女性を「女子」というのは、もう子供でもないのに違和感を感じる(34歳独身)
  • 飲食業、ファッション、出版などの売上げを増やすためにつくられたトレンドだと思うので(38歳独身)
  • 「女子」とか言ってる人はだいたい大人としての行動がとれていない気がします。「女性」という呼び方が似合うように行動すべき(34歳既婚)
  • この言葉を使う時点でうわべだけの流行言葉を適当に使っている気がして安っぽい感じがするから(36歳独身)
up

5女性でいることで得をしていることがありますか?

(n=953)

グラフ

【得をしていることが多い】

  • レディースデーとか、女子限定とか、女性ということで、ご馳走してもらったり、飲食代の負担率が少なかったり。何かと大切にしてもらえる機会が多い。(33歳独身)
  • ユニークなことをしても、男性だとあまり目立たないが女性だというだけで注目されるし、面白がって大切にしてもらえると思う(38歳既婚)
  • なんだかんだ、許されることが多いし、それを見越している部分もあったりする。今の時代、男性に生まれたら抱えるプレッシャーや先行き不安感は尋常じゃないと思う。今月ピンチ!っていうときはキャバでバイトもできるし。女でよかったし、次も女がいい(32歳独身)
  • 面倒な仕事や残業を断ったり、出世レースに巻き込まれなくて良い(35歳既婚)
  • 男女混合の飲み会では男性が多めに出してくれることが多い。映画館やレストランで 女性限定で安くなることが多い(28歳独身)
  • 一生働く訳ではないので、自分のやりたい仕事を追うことができる(32歳独身)

【損をしていることが多い】

  • 容姿がキレイではないので女を武器にはできない。逆に接待なんかあると本気の付き合いにはならない、女は不利だなと思う(34歳既婚)
  • 化粧品にお金がかかる。「子供を生むべき」と言われやすい。老化に男女は変りないのに出産があるために老化がはやい気がする(31歳独身)
  • 女性だからと言って、海外出張メンバーから外されたり、仕事の成果を上司が平然と横取りする。それなのに責任だけは取らされる(35歳独身)
  • 出産でキャリアを断念せざるをえない現実を感じるため(34歳既婚)
  • 女性は結婚して仕事だけでなく家事や育児も忙しくなる。男性のように家で休める時間はない(33歳既婚)
up

6もう一度生まれ変わっても、女性がいいですか

(n=953)

グラフ
up

7もし、職業を変えるとしたら、どのような職業がよいですか?

(n=953)※複数回答可

グラフ
up
<まとめ>

 改正・男女雇用機会均等法が施行されはや5年、「女性だから」「男性だから」という性差による仕事内容の差が減る傾向にある中、今回の調査では働く女性に対し「女性らしさ」についてどのように思っているのか、女性らしいと言われて嬉しいと思うか? 女性らしい振る舞いとは? 女性らしく見られるために意識的に行動しているかなどフォーカスして調査分析を行いました。

「女性らしい」は嬉しい褒め言葉であるが、「女性らしく見られる」ことはあまり意識していない

 「女性らしい」と女性から言われる、男性から言われることに対し、「うれしい」という回答はともに80%以上の結果になり、多くの女性が「女性らしい」という形容詞が自分につくことに対し好意的であることが伺えます。ただ、女性らしく見られることを意識していない層は、会社での生活においては約70%、プライベートでは60%と多くく、女性らしいと言われることはうれしいが、あえてそれを意識して行動をしているOLは少数派であることがわかりました。また、その中で「女性らしく見られるためにすること」の上位には「気配り」「化粧・髪型」「所作」「家事ができる」「服装」「体型の維持」等があがりました。また男性ウケを意識して立ち振る舞いに関しては、多くの女性は男ウケを意識しておらず、「女性らしく見られることを意識していない」ことと同様に、他人の目を意識する傾向は弱い結果となりました。

女子という言葉に7割が好意的、女性ということで得を感じる8割、生まれ変わっても女性がいいは5割

 ここ数年、女性系の商品やサービスにおいて頻繁に使われている「女子」ということばも一般的になり、言葉のイメージとしても、OLの間ではかなり好意的な感じのようです。前回の調査で「女性向け商品」に対して約70%のOLが購入意欲が高いという結果がでており、今後も「女子」はヒット商品のキーになる可能性が高いことが伺えます。また大多数のOLが「女性ということで得」を感じると回答しており、理由としては「レディースデイや女性限定の商品やサービスで恩恵を受けているから」という回答が多く、今後も「女子」「女性らしさ」を切り口としたプロモーションやマーケティングがトレンドになる可能性が伺える結果となりました。