vol.128

OLのためのフリーペーパー「シティリビング」がオフィスで働く女性の消費動向をガッチリ調査。
女性のマーケティングデータが満載です。

OLマーケットレポート

OLマーケットレポートの更新をお知らせするメールをお送りします。メール配信の申込みはこちら

オフィスで働く女性のコンビニ事情

利用頻度や時間帯、購入するもの等々、オフィスで働く女性のコンビニの利用実態について調査

設問

調査概要

  • 調査期間:2013年9月
  • 調査方法:シティリビング メール会員に対するWEBアンケート
  • 集計数:576人
  • 平均年齢:平均年齢39.6歳(20歳〜59歳)
    (20代:6.1%、30代:45.3%、40代:41.0%、50代:7.6%)
  • 勤務形態:正社員(総合職)23.3%、正社員(一般職)55.0%、契約・嘱託社員 6.9%、派遣社員 14.8%
  • 暮らし方:一人暮らし(未婚)27.8%、親と同居(未婚)32.8%、DINKS 20.1%、夫婦と子ども 13.4%、その他 5.9%

1コンビニの利用頻度を教えてください。【オフィス周辺/自宅周辺】

(n=576)

【オフィス周辺】

グラフ

【自宅周辺】

グラフ
up

2コンビニを利用する時間帯を教えてください。【オフィス周辺/自宅周辺】 (MA)

【オフィス周辺】

(n=509)

グラフ

【自宅周辺】

(n=466)

グラフ
up

3コンビニで購入するものを教えてください。【オフィス周辺/自宅周辺】 (MA)

【オフィス周辺】

(n=508)

グラフ

【自宅周辺】

(n=469)

グラフ
up

4最もよく利用するコンビニを教えてください。【オフィス周辺/自宅周辺】

【オフィス周辺】

(n=509)

グラフ

【自宅周辺】

(n=468)

グラフ
up

51番好きなコンビニを教えてください。

(n=525)

グラフ
up

6あなたにとってコンビニとは?(FA)

  • いざってときに頼りになる存在。(26歳/独身)
  • 欠かせない存在。(29歳/既婚)
  • 新製品が頻繁に出るので楽しい。(31歳/既婚)
  • 行けば何かしら買ってしまう場所。(31歳/独身)
  • 生活になくてはならない「インフラ」。(33歳/既婚)
  • 新商品、売れ筋の商品が手に入る店。(35歳/独身)
  • しまった!というときのお助けマン。(36歳/独身)
  • いざという時に便利なお店。目印。明かり。(38歳/既婚)
  • 寄ってしまうとつい買ってしまう魔境。(40歳/独身)
  • 大きい冷蔵庫です。(42歳/独身)
up

7あなたがコンビニを利用しない理由を教えてください。(FA)

※Q1で「ほとんど利用しない」と回答した方のみ

  • 実家暮らしで大抵なんでもあるので、行く必要がない。(26歳/独身)
  • 金額が高い。(34歳/独身)
  • スーパーやドラッグストアのほうが安いから。(36歳/独身)
  • スーパーのほうが品数も多く値段も安いので。(37歳/独身)
  • コンビニよりももっと近くにあるスーパーに行く。(41歳/独身)
  • 近くに24時間のスーパーもあるし、そっちにいったほうが安いから。(43歳/既婚)
  • 値段が高いから。(45歳/独身)
  • 振込支払以外にあまり必要としない。(46歳/既婚)
  • 欲しいものが少ないから。(48歳/既婚)
up
<まとめ>

 都心部では100m圏内に複数店舗が乱立していることも多いコンビニ。オフィスで働く女性にとって、身近に存在するコンビニでの買い物は「時短」につながるひとつの手段になるかと思われます。実際に彼女たちがコンビニをどのように利用しているのか、オフィス周辺と自宅周辺それぞれについてその実態を調査しました。

利用頻度は実はそれほど高くない?

 「1日に1回以上利用する」はオフィス周辺でこそ20.5%ですが、自宅周辺では8.3%とそれほど高くないと思われる結果に。しかし期間を「1週間に1回以上」まででみると、オフィス周辺では70.1%、自宅周辺でも56.9%となります。利用する時間帯は、オフィス周辺では出勤時の「8〜9時台」が42.6%、ランチタイムの「12時台」が47.3%、自宅周辺では帰宅時の「19〜20時台」が58.2%と多く、オフィスで働く女性の生活動線に沿った利用が伺えます。

購入するのは「お弁当・お惣菜など」「お菓子・スイーツなど」「飲料」

 オフィス周辺、自宅周辺ともに、ポイント差や順位の入れ違いはあるものの、トップ3は「お弁当・お惣菜・おにぎり・サンドイッチなど」「お菓子・氷菓・スイーツなど」「飲料(アルコールを除く)」でした。その他特徴的なところでは、自宅周辺で「おでん・肉まんなど」が29.9%、「アルコール飲料」が25.4%と、家飲みが連想される結果も。

最もよく利用するコンビニ、1番好きなコンビニは店舗数に比例

 最もよく利用するコンビニでは、オフィス周辺・自宅周辺ともに、1位が「セブンイレブン」、2位が「ファミリーマート」、3位が「ローソン」という結果に。1番好きなコンビニでは、1位は変わらず「セブンイレブン」で、2位が「ローソン」、3位が「ファミリーマート」と、最もよく利用するコンビニでは僅差だった2位と3位が、順位が逆転し且つ若干のポイント差がついています。

オフィスで働く女性にとって、コンビニは「生活に欠かせない」「いざという時に便利」な存在

 あなたにとってコンビニとは?という設問に対して「インフラ」という回答があるように、「生活に欠かせない存在」になっています。独身者からは「(家の近くにある)冷蔵庫」という回答が散見されました。また、「新商品がすぐ手に入る」や「用もないのに寄ってしまい、寄ってしまうとついつい何かしら買ってしまう」という声も多かったです。コンビニをほとんど利用しない人たちの理由としては、「価格が高い」「近くにスーパーやドラッグストアがありそちらのほうが安い」という意見が多く、価格設定がネックになっていることが伺えます。更に24時間営業のスーパーが多くなっていることも彼女たちがコンビニを利用しないことに拍車をかけているようです。

 オフィスで働く女性にとっては、特にオフィス周辺では、身近で便利で且つ店舗数の多いコンビニ。人気料理店やアニメをはじめとしたコラボ商品も数多く取り扱われています。この販売チャネルでいかに棚を取り、どう売上をあげていくか。オフィスで働く女性をターゲットとした「シティリビング」にそのヒントがあるかもしれません。